現代文が苦手な私大文系・国立志望の方へ

国語力・読解力・センスが「ゼロ」でも 最短30時間で現代文9割取れる

スタディ・タウン

AbemaTV(アベマTV)に出演したナツメ(夏目先生)の映像講義

4大特典プレゼント実施中!

夏目講師が「ナツメ先生」としてAbemaTV(アベマTV)に出演しました。


< AbemaTVサイトはコチラから >

※決済方法(お支払い方法):クレジットカード(一括/3回分まで分割できます)、銀行振込、コンビニ決済
※講座内容:【センター】全10講・約10時間【私大】全30講・約30時間【セット】全40講・約40時間
※演習問題はダウンロードできます。
※視聴期限:2020年3月31日まで。
※国立大学二次、一部の私立大学(小説と随筆のみが出題されるなど)は対象外ですが、センター試験、90%以上の私大で高得点が期待できるメソッドです。
※読解力を養成する講座ではなく、手順にしたがって、高得点を獲得する講座です。

合格者・喜びの声

※これらはほんの一部の実績です。
これまで数千名の生徒が受講し、成果を実感しています。

「9割取れる現代文」はこんな人におすすめ!

  • 現代文の偏差値の上げ方がわからない
  • 読解力に自信がない
  • 現代文に時間をかける余裕がない
  • 理系でセンターしか現代文が必要ない
  • 文系志望だが、現代文が得意ではない
  • 部活ばかりやってきて本を読む習慣がなかった

この講座ですべて解決!

この講座は、上記のチェックにあてはまる受験生でも
現代文で90%得点できるテクニックを伝授する講座です。

第2弾「難関私大の入試問題が、本文を読まずに1分22秒で解ける!?」

どうして9割取れるのか?

現代文は、文章中に「答え」が必ずある科目です。答えの「見つけ方」さえ知っていれば、必ず点が取れます。断言します。国語力、センス、読書量は一切関係ありません。現代文は、文章中に「答え」が必ずある科目です。答えの「見つけ方」さえ知っていれば、必ず点が取れます。断言します。国語力、センス、読書量は一切関係ありません。

はじめまして。『9割取れる現代文』講師の夏目啓伍です。
いきなりですが、この講座は「国語力を伸ばす」講座ではありません。
「どんなに国語が苦手でも、面白いように点を取れてしまうテクニック」を教えることに特化した講座です。
(なぜ9割かというと、漢字や語句問題が1割程度出題されるからです)。

9割取れる理由はいたってシンプルです。
現代文の試験問題は、文章中に必ず答えが含まれています。ですから、答えの見つけ方(=テクニック)さえ知っていれば、誰でも正答できるのです。決まったパターンで「作業」すれば、答えが見つかるのです。

この映像講座では、次のノウハウを「実際の入試問題」を使って解説していきます。この映像講座では、次のノウハウを「実際の入試問題」を使って解説していきます。

  • 正答を見つけるための4つの手順
  • これさえ覚えておけば解ける24のポイント
  • 論理展開の3パターン(必ずどれかに当てはまります)

センター試験ならたった10時間、私大入試は30時間のカリキュラムを一通りこなすだけで、本番で9割取れるようになるのです。
繰り返しになりますが、現代文は答えが文中に書いてあります。「答えの見つけ方」を知っていれば、どんな暗記科目よりも確実に点が稼げます。本番で最低でも40~50点上積みできれば、志望校の合格率やセンター突破の可能性は格段に高まります。志望校合格を目指す方はぜひこの映像講座の受講をご検討ください。

私は毎回の講座で、必ず生徒さん自身に問題を解いていただきます。
当然、最初のうちは解法の手順通りに解けないことも多いので、生徒さんが解いた後、講師が解説をしていきます。
講座で徹底して行いますので、全講座終了後には、自然と解けるようになっています。

  1. ①解法の手順の説明
  2. ②問題を解いてもらう
  3. ③講師の解説

「9割取れる現代文」が選ばれる3つの理由

選ばれる3つの理由選ばれる3つの理由

受講した98%が「もっと早く知りたかった」

高知県の高校で「9割取れる現代文」を、生徒にライブで受講してもらいました。
生徒は真剣な様子で授業に臨んでくれ、質問が活発に出るなど熱気ある雰囲気で行われました。

受講後のアンケート結果は驚くべきものでした。なんと98%の受講生が、「もっと早くからノウハウを知りたかった」と回答しているのです。
実際に受けた生徒の圧倒多数がその良さを認める講座です。

講座情報

私大現代文 講座一覧

収録時間:約30時間 視聴期限:2020年3月31日迄 ※問題PDFはダウンロードできます。

  • 2016/法政/メディアの変容 若者のケータイ・スマホ文化とキャラ的コミュニケーション
  • 2016/青山学院/ 桂米朝の構図
  • 2016/明治/日本の感性が世界を変える 言語生態学的文明論(使役、知覚)
  • 2015/近畿/哲学の現場
  • 2016/日本/偶然を生きる思想
  • 2015/法政/肉食の思想
  • 2015/中央/数寄と遊芸ー私的芸術と関心性の美学(頻出する)動名詞表現
  • 2014/立教/書物の変―グーグルベルグ
  • 2015/中央/科学と幸福
  • 2016/駒澤/宇宙人の見る地球
  • 2016/立命館/数学は言葉
  • 2016/専修/日本の笑いと世界のユーモア
  • 2014/明治/未知を読む
  • 2016/青山学院/「私」とは何か
  • 2015/駒澤/自然を捉えなおす
  •  
  •  
  • 2014/関西/わかりあえないことから―コミュニケーション能力とは何か
  • 2016/東洋/日本のデザイン
  • 2014/近畿/僕の中の「キャッチャー」
  • 2015/日大/高校生のための哲学入門
  • 2014/関西/境界から空間へ
  • 2016/同志社/幻想としての日本/イギリス
  • 2015/立教/風景の中の環境哲学
  • 2015/東洋/海図の世界史
  • 2015/関西学院/集合知とは
  • 2016/法政/「私」という演算
  • 2016/専修/「共倒れ」社会を超えて
  • 2016/関西学院/死はなぜこわいか
  • 2014/明治/無感動の現場から
  • 2015/立命館/本を生み出す力
  • 2017/早稲田/茶番に寄せて
  • 2015/近畿/ねぼけ人生
  • 2014/同志社/絵画の根源をめぐって

センター現代文 講座一覧

収録時間:約10時間 視聴期限:2020年3月31日迄 ※問題PDFはダウンロードできます。

  • 平成29年/科学コミュニケーション
  • 平成28年/キャラ化する/される子どもたち
  • 平成27年/未知との遭遇
  • 平成26年/漢文脈と近代日本
  • 平成25年/鐔
  • 平成29年/秋の一日
  • 平成28年/三等車
  • 平成27年/石を愛でる人
  • 平成26年/快走
  • 平成25年/地球儀

4大特典4大特典

※特典画像はイメージです。実際の物とは異なります。※特典1~3のテキストはPDF形式です。

お申し込みはお早めに!

※決済方法(お支払い方法):クレジットカード(一括/3回分まで分割できます)、銀行振込、コンビニ決済
※講座内容:【センター】全10講・約10時間【私大】全30講・約30時間【セット】全40講・約40時間
※演習問題はダウンロードできます。
※視聴期限:2020年3月31日まで。
※国立大学二次、一部の私立大学(小説と随筆のみが出題されるなど)は対象外ですが、センター試験、90%以上の私大で高得点が期待できるメソッドです。
※読解力を養成する講座ではなく、手順にしたがって、高得点を獲得する講座です。

「現代文のカリスマ」夏目啓伍先生について

指導歴10年以上、大手予備校で現代文のトッププロ講師として活躍。
大学入試の常識を覆す革命的な理論を提唱。
教え子の現代文の偏差値を、2カ月で36から60に引き上げるなど、圧倒的な成果を出し続けている。
慶應、早稲田、青山、立教、中央、法政、明治など、合格実績多数。

よくあるご質問

A.
現代文は文章中に答えが含まれているからです。文章中に答えがあるので、見つけ方(=テクニック)さえ知っていれば、誰でも正答できるのです。
この講座では、実際に出題された問題を解きながら、見つけ方(=テクニック)を身につけていただく構成になっています。(小説と随筆のみが出題されるなど出題形式が特殊な一部の私大、国公立二次は該当しません。)

A.
センター試験は出題形式が固定されていて、テクニックの応用がしやすいため、小説、随筆も解説しています。 私大については、評論文のみの解説となっています。

A.
この講座のテクニックはとてもシンプルで、基本的に誰でも身に付けることができることできます。 読解力、センス、国語力の有無は一切関係ありませんので、ご安心下さい。 ※テクニックを身に付けるスピードには個人差があります。

A.
「9割取れる現代文」は読解力を身に付けるための講座ではありません。 センターや私大で高得点を取るためのテクニックを身に付けるための講座になります。
文章の意味を理解していなくても、問題と本文から解答を作業として発見する方法を 実際に問題を解きながら、解説しています。

A.
『9割取れる私大現代文』では私大の記述問題を解く手順も解説しています。 その他「漢字の問題で知らない漢字をなんとか読む方法」、「文字の数え方」、「〇〇に傍線部があったら答えは〇〇を疑え」などの入試で使える実践的な裏技も解説しています。

A.
お申込み後入金を確認できましたら、すぐにマイページで視聴可能となります。

A.
解説しているテクニックは基本同じものですが、私大やセンターの出題形式に合わせて解説を行っています。

国立志望でしたら『9割取れるセンター現代文』を、私大志望でしたら『9割取れる私大現代文』をおすすめします。

A.
管理画面から問題集テキスト(PDF)をダウンロードすることができます。

A.
2020年3月31日までとなっています。延長をご希望の方はお問い合わせください。

A.
年度により出題傾向が変わる場合があるので、特定の大学、学部に対応しているかどうか明記は行なっておりません。

評論文で記述式がメインではない私大(ほとんどの私大)では基本対応しております。

A.
現時点で返金保証制度はございません。

A.
『9割取れる現代文』は得点を上げるためのテクニックを習得する講座です。 テクニック自体はシンプルで誰でも理解できるものですが、テクニックを適切な場面で使いこなせるかどうかは受講生によるので、すべての人が確実に得点が上がるとお約束できません。

尚、本文の内容を細かく理解しようとしながらテクニックを利用しようとすると、問題を解くのに時間がかかってしまう場合があります。 講師の説明に沿って、機械的に解いていくことをおすすめしています。

A.
映像授業となりますので、直接講師に質問することはできません。

特典でフォローアップ講座動画をお付けしていて、受講生から多かった質問への回答を確認することができます。

スタディ・タウン とは? 株式会社シンドバッド・インターナショナルが、受験激戦区・東京において、20年間の家庭教師事業で培った高度な合格ノウハウを惜しまず投入したのが、インターネット学習サイト『スタディ・タウン』。1000人に1人のスゴ腕講師の授業、受験に本当に効く学習プログラムだけを厳選し、お値ごろ価格で提供。地域のハンデを越え、受験生のご家庭の経済的負担を減らし、日本中に合格の輪を広げています。