大学受験 英語長文読解対策 東京大学

当ページでは、東京大学の英語・長文読解対策についてご紹介します。「なかなか英語で合格点が取れなくて困っている」「長文で点数をもっと取れるようになりたい」 というお悩みを抱えている方は必見です。ぜひ、英語の長文読解を克服して東京大学合格を掴み取りましょう!

東京大学の英語入試問題の傾向

東京大学の英語の入試試験は、大問数は5題、120点満点。試験時間は120分で、試験開始から45分後から30分間リスニングが出題されます。

英語の入試問題は、文系・理系に関わらず全学部(類)共通ですが、志望する学部(類)によって、基準となる合格者最低点が異なります。

設問は、本文の要約、本文内容の並び替え、英文和訳、英作文、リスニング、語彙・語法、英文和訳、読解、など幅広く出題されます。

東大の英語では大問ごとに問われるテーマが決まっているのが特徴です。文章把握能力、英語表現能力、聞く力、文法把握力、日常的な英語の理解力と、満遍なく様々な能力を問われます。

さらに、時間も非常に厳しいです。リスニングに取られる時間がおよそ30分で固定であるとを考えると、残りの大問4つを90分で解くことになりますが、これは罠です。一見大問4つですが、1・2・4がAとBに分かれており、実質大問7つを90分で解かなければなりません。

まとめると、東大の英語を突破するためには、1.幅広い英語力を身につけ、その上で2.制限時間内に正しく解答する練習をしておくことが重要であると言えるでしょう。

東京大学の英語長文入試問題の特徴

東大の長文 例年の出題傾向

東大入試では、長文読解は大問1・5で出題される傾向があります。長文読解で挟んでくるわけですね。

それぞれの語数は、1(A)300語前後、1(B)700語前後、5では1,000語弱です。それぞれ10 分、10分、20分弱で解くことを考えれば、かなり長めの文章であるとわかります。

さらに5に至っては、一つの大問でマークシートと記述用解答用紙の両方に解答する部分が混在しており、難易度が高くなっています。東大の長文読解対策のためには、普段から形式に慣れておくこと、そして時間を決めて演習を行なっていくことが重要です。

東大の長文の出題特徴

東大の長文読解では、1(A)(B)では論理展開がはっきりした論説文、5ではエッセイや小説などのカジュアルな文章が出題されています。これは大問ごとに問われる能力を反映していると思われます。

1は要約とパラグラフ整序・文補充と文章の展開を問う問題が続いています。一方、5ではエッセイや小説を通して日常会話のような軽い文章も読みこなす能力が問われています。

東大の長文 単語対策について

さて気になる単語ですが、東大の入試で問われる単語のレベルはそれほど高くありません。一方で、いわゆる簡単な単語をどれだけ習得し使いこなせているかが非常に重要になってきます。

特にasやwithなどの副詞の扱いには要注意です。文中でどのような意味を持っているのかをしっかりと把握しておかなければいけません。

東京大学の英語長文 大問ごとの傾向と対策法

ここから、大問ごとについて対策方法をまとめていきます。

大問1(A)(B)の長文読解傾向と対策法

大問1(A)(B)で問われるのは、文章の論理展開を追う能力です。この能力を養うために普段から英文を読むときには、1パラグラフを読み終わるごとにこれまでの文章の展開を振り返る癖をつけておきましょう。

「最初は問題提起でこんな問題が挙げられていて、次の段落ではそれに対する一般論だな。でも次の段落では一般論とは異なる筆者の考えが書かれていて、その次で解決策か。」と文章の展開をしっかりと追っていきましょう。

これができると文章の論理構造がしっかりと見えてきます。

また気になる例の扱いですが、基本的には例は解答に含めなくて大丈夫です。だからと言って例は大事ではないというわけではありません。論理が本当に正しいかどうかを確かめるために例を利用してやりましょう。

特に1(A)では文章の論理展開を日本語でコンパクトにまとめる練習もする必要があります。これには添削が有効です。時間を決めて回答を作り、先生に見てもらう、そして自分では解答を確認して何が抜けているかを明確にすることが大事です。

大問5の長文読解傾向と対策法

大問5の英文のテーマは小説から出題される場合が多いです。小説形式の問題に慣れていない受験生は少し読みにくさを感じる可能性があります。

設問では空欄補充、日本語での文章内容の説明、和訳、文脈に合う選択肢を選ぶ問題と様々な問いが用意されていますが、これらは文章の読解ができていれば完璧に解けるというわけではありません。

文脈から単語の意味を類推することが非常に重要です。ただしこれは全く知らない単語ではなく、secretのような誰もが知っているような単語の意味を文脈上ではどのような意味になるのか、と推測する力が求められます。

「なんでここでこの単語が出てきたんだ??」と考え、その単語が文脈上でどのような役割をするのかをしっかりと考えていく習慣、単語の意味のの推測力をつけましょう。

東大の英語長文対策

小説形式の読解問題に慣れていない場合は、まず過去問を繰り返し解き出題形式に慣れることがまず最初にできる有効な対策方法となります。

また、英文を読み進める際にある程度の文脈や段落ごとの要点のメモをとり、全体的な話の流れが整理しながら読み進めるようにしましょう。

次に、読解問題に当てる時間配分を決め、制限時間内に解き終わるよう意識して演習に取り組みましょう。

速読・速解能力を身に付けるための手段として、普段から英語を聞く習慣をつけることはとても効果的です。リスニングと同時にリスニング台本を合わせて活用することで、英問式の問題への対策にもつながります。

東京大学 英語入試過去問(英語長文読解問題)

東大の英語は全部で5題の大問によって構成されていますが、そのうちのおよそ半分が読解問題となっています。したがって、長文読解の対策を軽んじることはできません。では、一体どのように対策を進めればいいのでしょうか?

以下の例文を読んでみてください。

東京大学入試 英語長文問題 一部改編
Studies of childhood development across cultures indicate that people everywhere tend to attribute certain essential qualities to human social categories such as race, ethnicity,language, or language.

実際に平成26年度の大問1の出題された読解問題の中の1文です。東大の英語では、120分間(リスニングも含む)ですべての問題を解き進めなければなりません。しかし、上記のような構造が複雑な英文がスムーズな読解と文脈の理解を妨げます。

これらを避けるために、英文を「速く・正確に」読み進めることが何よりも大事です。そのためには、返り読みをしないことが成功の鍵を握っています。

先程の文を、以下のように分解して考えてみましょう。

SIM方式 英語長文読解方法の一例
Studies of childhood development / across cultures / indicate that / people everywhere / tend to attribute / certain essential qualities / to human social categories / such as race, ethnicity,or language.

先程の文章を、フレーズのまとまりごとに区切りました。同じ文ですが、文構造や修飾語句を整理しやすくなったことに気がつくでしょう。

スラッシュの区切りごとに「幼児期発達に関する研究、文化を超えた、示している、どこにいる人でも、帰属させる傾向がある…」とフレーズごとに右から左へ読み進めていきます。

このようにして、日本語の語順に当てはめずに「左から右へ」読み進めるようにすれば、文構造の複雑さに関係なく、長文を「速く・正確に」読むことができるようになります。

英語は語句のまとまりごとに、一定のリズムを持って発音される言語です。無理やり英語を日本語の語順に直し、日本語の文に変換する作業は、時間を浪費してしまうのです。

しかしながら、このような「前から読み」は知っているだけでは英文をスラスラ読めるようにはなりません。なぜなら、前から読んだ英文の意味を理解することに時間を要するからです。

英文をスラスラ読めるようになるには、「前から英文を読めるようになる」と同時に、「前から訳した文を素早く理解できるようになる」必要があります。

スーパーSIMでは、速読に必要な「英語の語順のまま」理解する力を最短で大学受験に使えるようなるための教材です。

東大の英文を時間内に解き切るための速読力と精読力を身につけたいと思っている受験生には、おすすめの勉強法です。

実際にスーパーSIMで東京大学に合格した人の体験談

「偏差値が最高80.1!」
「英語が大好きになって、東大現役合格!」

東京大学 理科Ⅱ類合格! 西尾 健太さん(仮名)

受講前の読解法といえばとにかく構文・単語などを頭にたたきこんでパズルのように文章にあてはめていくという感じでしたが、高3の夏まではそれでも問題ありませんでした。

しかし秋が近づき、模試の問題が急に難しくなってきて、「ヤバイ」と感じました。でも、理系ですからそんなに英語ばっかりやる、というわけにはいきませんでしたので、一日30分ですむというSIMを始めました。

はじめは今までと読み方を変えることにとまどったのですが、やはり英語は英語として読むのがいいんだとわかった2か月後には、偏差値も78.2に上がり、最高では80.1をとれました。

成績UPもさることながら、英語が大好きになれたのが、大きな収穫です。

「精読ができるようになり偏差値79.7へ」
「長文読解の土台作りにおすすめです。」

東京大学 文科Ⅲ類、慶應義塾大学 文学部合格! 越智 駿さん(仮名)

私の場合、もともと長文を読むのは速いほうでしたが、読み方がいい加減で細かな情報をポロポロ落としてしまっていました。センター試験などの微妙な選択式テストでは、私の読みグセは致命的だと思い、高3直前にスーパーSIMを始めました。

これは、賢明だったと今は思います。SIMのおかげで精読が可能になりました。急いでSIMを受講して、最初の全統模試で英語の偏差値が79.7になり、驚きました。

本番の入試英語長文では、論理的な読み方が大切なのでその練習は必須です。その読み方をするための土台としてSIMは最適だと思います。

「速読力がついた!」
「リスニング力も伸びて、東大理Ⅲ合格!」

東京大学 理科Ⅲ類合格! K.Mさん

英語はもともと普通並にはできていました。ただ、1つだけ弱点があり、それはリスニングでした。このリスニングには本当に悩まされました。

英語を前の方から読んでいくことができず、いけないとはわかっていながら返り読みをしていたのです。

これでは耳できいてわかるわけがありません。そこで始めたのがSIMでした。

SIM方式に従い、私は頭から英語を読むことができるようになり、それとともにリスニング力はどんどん上がっていきました。

さらに、返り読みをしないようになり、速読力もつきました。試験では時間が余るようになり、余裕をもってとり組めるようになりました。

まずは『スーパーSIM』の
資料をご請求ください。

お届けする資料の中身(一部)

  • 目からウロコ。英語を上げる理論と方法論の詳細な解説書。
  • ビジュアルですぐわかる。英語で合格点を取れる学習法。
  • SIMの具体的なカリキュラム、学習方法のご紹介。
  • プロのスタッフによる添削アドバイスの実例(必見です)。
  • SIM受講生の合格体験談(読むだけでやる気がみなぎります)。

資料請求する

購入する

対応大学一覧

PAGE TOP

スタディ・タウン

閉じる

スタディ・タウン 高校生

閉じる

スタディ・タウン 小学生

閉じる

スタディ・タウン English

閉じる