よくあるご質問

1.SIM理論と学習効果/2.学習方法/3.添削課題(アドバイス付き)/4.学習時間や期間/5.お申込みについて/6.音声授業を利用できるネット環境や機器(デバイス)

SIM理論と学習効果について

A.SIM方式とは、
「英語を英語の語順のまま、ネイティブ(欧米人)や同時通訳者と同じ読み方で英語を訳す」という方法です。

この方法で読めば、後ろから戻って読むこと(返り読み)をしないので、読むスピードが格段に速くなります。

A.大学受験の英語のなかで、長文読解は得点率の約70%を占めています。

したがって、大学受験の英語で高得点を取るために最も大切なのは、「長文読解問題ができるようになること」と言えます。

もちろん、単語・熟語・文法も大切ですが、入試問題の大部分を占め、配点が高い長文読解問題を解けなければ、英語の偏差値は上がりません。
ですから、「長文読解で点数が取れるようになる=英語の偏差値が伸びていく」のです。

A.英語長文読解ができない理由として、「時間が足りない」「正確に訳せない」の2つが圧倒的に多いです。

この2つの問題点を解決できる読解法こそ、「SIM方式」の読み方なのです。 読むスピードが格段に上がり、英語の意味が正確に分かるようになります。
この「SIM方式」は、受験英語を40年以上見てきたSIM社がたどり着いた、「日本人が英語を読めるようになる方法」をプログラム化した読み方なのです。

A.日本人が英語を苦手とする理由として、英語と日本語の語順の違いが挙げられます。 英語は大事なことが先に伝わる言語、日本語は大事なことが最後に伝わる言語です。

従って、英語を日本語に訳すときにはどうしても、英語を日本語の語順に直す作業が発生します。 これが「返り読み」です。「返り読み」が発生することによって、日本語に直す、という余計な時間が発生してしまい、 英文をよむことに時間がかかってしまうのです。

この「返り読み」を解消し、英語を英語の語順のまま読めるようになるので英語を速く読めるようになるのです。 詳しくはこちらをご覧ください。

A.日本語と英語の語順の違いによって「返り読み」で英文を読んでいくと、読んでいるうちに一文の中を行ったり来たりするので、途中で頭がぐちゃぐちゃになったり、
文法事項を見落としてしまったりする可能性が上がります。
SIM方式で「前から読み」で読んでいくと、文節ごとに細かく前から訳していくので、語順がぐちゃぐちゃになったり、文法事項を見落とす可能性が格段に減ります。

A.個人差はありますが、1997年~2016年度の間に受講者に対して行ったアンケートでは、平均で偏差値が14.3アップという結果が出ています。
中には偏差値38から67まで上がった受講生もいます。
約40年間で38万人以上が受講している確かな実績のある講座です。

SIMを利用して、志望校に合格した利用者の方の声がこちらで紹介されています。

A.はい、できるようになります。英語が苦手な方は、「初級コース」から受講することをおすすめします。

英語が苦手な方でも取り組みやすいように、単語や英文の難しさが調整されています。
また、1文の長さも長すぎず、長文のテーマも読みやすいものを題材にしているので、安心して取り組むことができます。

A.初めてSIM方式の読解に取り組む方で、入試までにまだお時間のある方は、まずは初級コースからの受講をお勧めしています。
読解力を上げるカギは、「SIM 方式」の読み方をマスターできるかどうかです。

まずは、その独特な読み方に慣れるために、平易な長文で読み方の基礎をしっかりと身につけましょう。
「難関・上位大学を目指している」という方でも、英語を前から読むことに慣れていない方や、文法・単語に不安が残る方には、初級コースからの受講をおすすめしています。
「初級コースを受講済み」「前から訳す読み方に慣れている」「入試本番レベルの長文で対策を進めたい」という方は、中・上級コースの受講をお勧めしています。

A.大丈夫です。
英単語、熟語に不安のある方でも、初級コースでは無理なく受講できます。 英文の内容は、読みやすいものを題材にしていますし、各講義に出てくる単語は、「覚えておきたい単語リスト」としてまとめられているので、初見の単語も一緒に覚えられます。 「英単語・熟語が完璧になってから、長文読解を学習する」よりも、「英単語・熟語もやりながら、並行して長文読解も学習する」というスタイルをお勧めします。

A.もちろん大丈夫です。初級コースは高校1・2年生のうちに、受験勉強の下地作りとして受講していただくと、いざ受験勉強を本格的に始めたときにかなりのアドバンテージになります。
英語に自信のある方でしたら、中・上級コースで受験勉強の先取りをしていただくと、単語・文法が固まった頃には難関校の長文でもスラスラ読めるようになります。

A.もちろんあります。英検やTEAPも「速読力」「精読力」が得点を分ける試験です。
スーパーSIMで速読即解力を鍛えて頂くことによって、英検やTEAPの長文も速く正確に読めるようになり、得点率がアップします。
学校の試験に関しても、教科書の内容をSIM方式で読めるようになり、内容理解が高まるので、学校の試験においても点数が取れるようになった、というお声をたくさん頂いております。

学習方法について

A.スーパーSIMはお届けするテキスト教材とスタディ・タウンWEBサイトのマイページ内の音声講義を併用して受講頂く教材となっています。
テキストの英文を読みながら、音声講義や音読用音声を聴き、進めていただきます。
音声講義はスマホ、パソコン、タブレットなど、インターネットに接続できる端末から受講いただけます。
家ではパソコン、外出先ではスマホなど、状況に応じて色々な環境で受講いただけます。

A.1講座は5つの学習ステップに分けることができます。

①英文を通読する。
②テキストの解説部分を見ながら音声講義を聴く。
③SIM朗読をする。
④Hop,Skip&Jump音声を聴く
⑤添削課題に取り組む。

ご予定に合わせて「今日は英文を通読するだけ」「今日は添削課題をやる」など、各ステップに取り組んでいただけます。
SIM朗読は少しの時間でもいいのでなるべく毎日していただいたほうが、SIM方式での読み方がしっかり身につきます。

A.講座内容に含まれるものは、「初級コース」と「中・上級コース」で異なります。

●初級コース(全6講)
・テキスト 2冊(1冊約60ページ)
・音声授業 全6講
・添削課題 全6回
・習熟度テスト 全6回

●中・上級コース(全12講)
・テキスト 3冊(1冊約110ページ)
・音声授業 全12講
教材は全て初回に一括でお届け致します。
・添削課題 全10回

A.CDはございません。
スタディ・タウンのWEBサイトの学習画面上で、パソコン、スマホ、タブレットで受講していただくストリーミング形式の講座となっています。

A.初級コースは、2018年春に音声講義が映像授業へリニューアルされました。英語が苦手な方でも映像学べるのでより分かりやすくなりました。

中・上級コースは、受講方法の説明以外は、音声講義です。中・上級コースは、テキストの英文を読みながら、音声授業を聴く形式の講座です。

A.スーパーSIMは、それぞれのコースに視聴期限がございます。

初級コースはお申し込み日から3ヶ月、中・上級コースはお申し込み日から6ヶ月、セットコースはお申し込み日から9ヶ月間です。
視聴期限内は、何度でも繰り返し、ご視聴いただけます。標準の受講期間に合わせて、視聴期限を設定していますが、万一視聴期限を過ぎてしまった場合には、月額980円(税別)で視聴延長が可能です。 添削課題に関しては、各コース無料添削期限がお申し込み日から1年間となっております。

添削課題(アドバイス付き)について

A.実際の入試で出題された長文(和訳)問題に取り組みます。

単に日本語に訳すだけでなく、「SIM方式」の通りに訳せているのかを、SIMスタッフが細かく丁寧に添削します。
最初は慣れないかもしれませんが、正しい読み方の添削&アドバイスを受けることで、回数を重ねるごとに成長を実感することができます。

※中上級コースの場合、添削は難関大学の実際の入試問題です。訳せることで、本番で合格点をとれる実力と自信がつきます。

A.必ずではありません。
しかし、どのくらい理解できているのか、どこができていないのかを測ることができるので、提出した方が間違いなく効果があります。

A.英語のプロである「スーパーSIM」のスタッフが全力でアドバイスします。
英語教育に40年以上携わってきたSIM社が設けた厳しい基準をクリアしたプロのスタッフが、細かく丁寧に添削させていただきます。

A.
・初級コース : 12ヵ月以内
・中・上級コース : 12ヵ月以内
・セット(初級コース+中・上級コース) : 24ヵ月以内 
にご提出頂いた場合には、追加料金なしで添削してご返却いたします。

A.1講座につき、82円切手10枚を封筒に同梱いただきますと、添削をしてご返却いたします。

A.添削課題は、教材に含まれている専用の封筒に同梱頂き、82円切手を貼った上で、ポストへ投函してください。

A.時期にもよりますが、講師が2名体制でダブルチェックを行うため、添削課題が東京SIM外語研究所へ到着してから10日~14日程度ご返却までにお時間を頂戴いたします。

A.一度に提出いただいても問題ございません。できたところまでをご提出ください。

A.スーパーSIM開発元の東京SIM外語研究所にご連絡下さい。

連絡先:0120-46-4848
平日(9:30~18:00)

学習時間や期間について

A.

<初級コース>
2週間に1講ペースの受講で、3ヶ月で終えることができます。毎週受講すれば、1.5か月で終わります。

<中・上級コース>
2 週間に1講ペースの受講で、6ヶ月で終えることができます。毎週受講すれば、3か月で終わります。

※受講頻度と学習ペースを上げれば、さらに短期間で終えることも可能です。

A.1講座を2週間のペースで終わらせる場合、1日あたり30分程度の学習ペースで進めて頂けます。

1講座をいくつかのステップに分けていただき、「今日は英文を読む日」「今日は音読を3回やる日」といったように、ご予定に合わせて調整して頂けます。
もちろん、もっとペースを上げたり、ゆっくりにしたりご自分のご予定に合わせて調整いただけます。

A.自分のペースで講座を利用していただくことができるので、忙しい方でも十分にご利用頂けます。 音声授業の中には、「SIM方式」の読み方を日本語訳した音声が流れてきますので、辞書を引いたり、テキストを見ることなく聴くこともできます。通学途中の学習にも大変便利です。 お忙しい方でも、少しの空き時間を利用しながら取り組むこともできます。

部活をしながら偏差値を大幅にアップさせた先輩は少なくありません。

A.初級コースを終えた方には、中・上級コースをご用意しています。
「もっとSIM方式の読み方をトレーニングしたい」「上位国公立・私大に合格したい」という方は、中・上級コースを受講ください。

また、中・上級コースを終えた方も、繰り返しSIM音読を続けていただくことをおすすめします。
何度も繰り返し音読することで、よりしっかりと定着します。

A.受験直前から受講して、志望大学に合格した先輩たちもたくさんいます。

基本的には、2週間に1講のペースの受講を推奨していますが、ペースを上げて受講すればさらに短期間で終えることもできます。 「ペースを上げて、短期間で集中的に勉強したい」という希望にも応えられるのが、スーパーSIMのメリットでもあります。

実際に短期間で成果を出された受験生の声はこちらをご覧ください。

お申込みについて

A.お申し込み方法はWEB、電話、FAXの3種類があります。(電話・FAXでのお申し込みの場合には、お支払い方法は代金引換のみとなります)
WEBのお申し込み画面はこちらをご覧ください。

A.お申し込みされる方のお名前は、実際に受講される方のお名前をご登録頂くことをおすすめしておりますが、親御様・お子様どちらのお名前でお申し込みいただいても差し支えはありません。

A.メールアドレスはどのメールアドレスをご登録頂いても差し支えはございません。

スタディ・タウンへログインする際のログインIDとなりますので、使用頻度の高いメールアドレスをご登録いただくことをおすすめいたします。また、お申し込み確認やパスワードのお忘れの際のご連絡先となりますので、必ず「noreply@studytown.jp」からのメールを受信できるようご設定ください。

なお、メールアドレスは一度、スタディ・タウンへログイン頂いた後、マイページよりご自分でご変更いただくことが可能です。

A.お支払い方法は次のようになっています。

■一括払い
クレジッカード、銀行振込、コンビニ払い、代金引換


■毎月払い(3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月)
クレジットカードのみ

A.スーパーSIMの料金を、毎月引き落としでお支払いいただく方式になります。回数はコースによって異なります。

■初級コース:3回
■中・上級コース: 6回
■セット:9回


※お支払方法はクレジットカードのみ利用可能になります。
※初回は送料を加算した金額を決済します。
※金利手数料は発生しません。
※全額返金保証期間後は、期間が終了するまで途中解約することはできません。

A.原則お申込み日とお支払い月同日に決済がされます。

例)初級コース お申込み日4/10の場合
初回:4/10(即時) 2回目:5/10  3回目:6/10
但し、申し込み日が月の29日以降の場合は、月末日に決済がされます。

例) 初級コース お申込み日1/29 の場合
初回:1/29(即時) 2回目:2/28  3回目:3/31
決済後の引落し日はご利用のカード会社をご確認下さい。

A.最大24回まで分割可能です。
※カード会社によって対応していない場合がございます。
※ボーナス一括い、リボ払い対応はしていません。

A.ご購入手続き後、明細とお支払に必要なお客様番号をメールにてお送りいたします。お支払画面でお選び頂いたコンビニエンスストアによって、お支払の方法が異なります。各コンビニエンスストアでのお支払い方法はこちらをご確認ください。

A.決済が失敗した理由は弊社では分かりかねますので、お手数ですが、カード会社まで連絡していただき、確認と対処(登録カード変更など)をお願いします。
再開処理が必要となりますので、クレジットカードが決済可能な状態になりましたら、弊社までご連絡下さい。

A.お支払い方法によって、受講開始までの期間が異なります。 決済完了後、翌日~1週間ほどでテキストが届きますので、その後、WEBサイト上で受講することができます。
■カード決済の場合(一括払い・毎月払い)
決済完了次第、テキストをお送り致します。

■銀行振り込みの場合
ご入金が確認でき次第、テキストをお送り致します。

■代金引換の場合
お申し込みが確認でき次第、テキストをお送り致します。

※教材は東京SIM外語研究所より発送いたします。平日の16時までに決済頂いた場合には即日発送、それ以降に決済となった場合には平日の場合には翌日、土日祝を挟む場合には、翌営業日に発送いたします。
※視聴期間はお申込み日が起点となりますので、コンビニ払い、銀行振り込みの場合は、早期にご入金いただくことをおすすめします。

A.全国一律で700円(税抜)の送料がかかります。あらかじめご了承ください。

A.視聴期間内は一切かかりません。 SIMスタッフからの添削&アドバイスを受けられる添削課題(長文和訳問題)も講座の費用に含まれています。
視聴期間終了後に延長する場合には月額980円(税抜き)のお支払いが必要となります。

A.延長を希望される場合には月額980円(税抜き)のお支払いが必要となります。
クレジットカードでお申込みの場合は、自動延長となりますので特に手続きは必要ありません。
クレジットカード以外(コンビニ払い、銀行振り込み、代金引換)でのお申込みの場合は、マイページのお申込み履歴にて視聴延長手続きが必要になります。

※視聴延長にはクレジットカードのご登録が必要になります。
※視聴期限から1ヶ月が経過すると、視聴延長お手続きをすることができなくなります。ご注意ください。

A.視聴延長手続き実施日とお支払い月同日に決済がされます。

例)視聴延長手続3ヶ月で4/10に手続きした場合
初回:4/10(即時) 2回目:5/10  3回目:6/10
但し、視聴延長手続き実施日が月の29日以降の場合は、月末日に決済がされます。

例) 初級コース お申込み日1/29 の場合
初回:1/29(即時) 2回目:2/28  3回目:3/31
決済後の引落し日はご利用のカード会社でご確認下さい。

A.クレジットカード以外(コンビニ払い、銀行振り込み、代金引換)でお申込みされた場合は、延長手続きを行わなければ自動で終了となります。特に手続きは必要ありません。
クレジットカードでお申込みの場合はマイページから止めることができないので、お手数ですが次回お支払日の3営業日前までに弊社までご連絡下さい。

A.一度講座をご解約いただいた場合、再度お申込みが必要になります。

A.スーパーSIMを解約した場合、聴くトレも利用できなくなります。

A.マイページの「お申込み履歴」にてカード情報の変更手続き可能です。

A.原則お申込みいただいたご本人様(お子様)の視聴を前提としています。

※視聴期間終了後に有料で視聴延長することは可能です。視聴期限から1ヶ月が経過すると、視聴延長お手続きをすることができなくなります。ご注意ください。
但し、添削が終了している場合、添削サービスを受けることはできません。
添削サービスの利用を希望される場合は、再度のお申込みが必要になります。

音声授業を利用できるネット環境や機器(デバイス)について

A.できません。パソコンやスマホ、タブレットから「スタディ・タウン」のサイトにアクセスしていただく必要があります。
サイトにアクセス後、マイページからログインし、ご利用下さい。

A.極端に古いOSでなければ、ご利用いただけます。 保証している動作環境はこちらをご確認ください。

A.ご利用頂けます。
自宅学習、学校の休み時間、通学途中の隙間時間など、様々なシーンに合わせて利用することができます。
保証している動作環境はこちらをご確認ください。

A.ご利用頂けます。
例えば、ご自宅で受講される場合でも、リビング・勉強部屋・寝室など、どんな場所でも利用することができます。 保証している動作環境はこちらをご確認ください。

A.ご利用頂けます。
これまで、予備校に通わなければ受けられなかった授業を、ご自宅で受講することができます。

A.「iPod touch」であればご利用いただけます。
※インターネットの接続環境が必要です。 保証している動作環境はこちらをご確認ください。

A.残念ながら、ご利用できません。
パソコン・スマートフォン・タブレットでご利用ください。

A.どのデバイスから受講する場合でも、登録してあるメールアドレスをログインIDとして入力いただければ、同じように受講いただけます。
たとえば、スマートフォンから受講する場合にも、登録してあるアドレスがパソコンのアドレスの場合には、パソコンのアドレスをログインIDとしてご入力ください。

A.ログインIDは、お申し込みの際にご登録頂いたメールアドレスです。パスワードはお申し込み時にご自分で設定頂いた8桁以上の英数です。もし、パスワードをお忘れの場合には、ログイン画面のパスワードをお忘れの方はこちらから仮パスワードを発行してください。もし、メールアドレスを間違えて登録してしまった場合には、弊社までご連絡ください。なお、FAXやお電話でお申し込み頂いた場合には、お申し込み完了後にIDとパスワードを記載したメールをお送りしておりますので、そちらをご確認ください。

PAGE TOP

スタディ・タウン

スタディ・タウン 高校生

スタディ・タウン 小学生

スタディ・タウン English