早稲田大学 文学部 英語の受験傾向や合格ポイント

早稲田大学 文学部の英語の「入試傾向」「入試対策」を解説します。

早稲田大学の文学部は、私大文学部の名門と言われ、多くの小説家や作家を輩出している学部です。

早稲田大学 文学部を目指している受験生の中には、英語で悩んでいる受験生も少なくないと思います。

このページでは、そんな早稲田の英語を克服するための文学部の入試の傾向と対策ポイントをご紹介します。

早稲田大学 文学部の出題傾向

まず、早稲田大学 文学部の出題傾向について、ご紹介します。

文学部傾向

文学部の英語の大問数は5題、大問1~4はマーク式、大問5の要約英作文のみ記述式の出題です。試験時間90分に対し、ボリュームが多い設問となっているため、速読が必須の試験となっています。

旧第一文学部、旧第二文学部時代とは、出題傾向が大きく変わっていますので、早稲田の赤本をひたすら解く対策をしている受験生は要注意です。

現在の出題傾向は、文化構想学部と似ているため、早稲田大学への入学意欲が高い受験生は、文化構想学部を併願受験することをおすすめします。

読解と知識が合わせて問われる出題

早稲田文

早稲田大学の英語は、長文読解を中心とした出題傾向です。

文学部の英語の総語数は、2,500語~3,000語程度となり、早稲田大学の中でもかなりボリュームがあります。

大問数は5題ですが、大問1と2では、それぞれ2~3題ずつ長文が出題される傾向があるので、大問数以上に読解をこなさなければなりません。

設問自体は、知識を問う問題も出題されますので、読解力を土台として知識も身につける必要があります。

英文の設問は瞬時に理解

文学部の英語では、設問が全問英語で出題されます。

スピードが重視される試験内容ですので、過去問であらかじめ設問パターンを把握して、いちいち設問の読解に時間を使わないようにしましょう。

文学部以外にも、政経・法・理工系・国際教養・文化構想学部で、設問が英文で出題されます。

空所補充問題の傾向と対策

早稲田大学の文学部の英語では、大問1で空所補充問題が出題されます。

大問1の空所補充は、単語の補充です。これは、主に知識が問われる問題です。前後の文脈を読解し、当てはまる単語に素早く目星をつけましょう。

語彙力があれば即答できる場合があるため、語彙力強化は最低条件です。早稲田大学を目指す受験生の間で人気が高い単語参考書は、システム英単語、速読英単語上級、ターゲット1900、単語王、鉄壁などです。日々知識をコツコツと積み重ねていきましょう。

また、早稲田大学 文学部の英語では、日々の情報や知識を強化するための対策も必要です。英文の題材として、文化論、社会論、歴史論が出題され、専門用語に出会う機会も多いです。初見の単語の意味を、文脈から推測する力も同様に必要なので、読解問題に取り組むときには、推測することを意識して勉強しましょう。

内容一致・文補充問題の傾向と対策

早稲田大学の文学部の英語では、大問2で内容一致問題、大問3では文補充問題が出題されます。どちらも読解力が問われる問題です。

大問2の内容一致問題では、設問のリード文をしっかりと読解することが答えに該当する部分を見つける上でのヒントにつながります。

それぞれの英文自体はそこまで語数の多いものではないので、答えに該当する部分を素早くみつけることが時間短縮のポイントです。

大問3の文補充問題では、文全体の流れを掴んだ上で当てはまる文を選ぶ必要あります。空欄の前後に注目したとしても、全段落に設問に該当する空欄があるため、時間をかけすぎないように注意が必要です。

選択肢は、1文だけ余るようになっていますが、消去法でだんだん選択肢を狭めていけるので、しっかりと読解ができていれば点数を稼ぐことができる問題です。

会話文対策はもれなく

会話

早稲田大学 文学部の英語では、会話文の出題があります。会話文の設問は、知識が問われる空所補充問題です。

慣用的な口語表現が出題されますが、難易度はごく標準的ですので、ここで得点を落とすことがないようにすることが大切です。

取りこぼしは厳禁です。会話文では満点を狙いましょう。会話文問題が苦手な人は、会話文対策の問題集を1冊用意して、繰り返し演習を行なうことがおすすめです。

文学部独自の要約問題の対策

早稲田大学の文学部の英語で出題される最も特徴的な設問が、大問5の英文要約問題です。

英作文問題に近いですが、長文を読解した上で、英文を要約する必要があります。「in your own words」と指示されているので、抜き出しではなく、自分の言葉で表現しなければなりません。

また、リード文に続く形で要約する必要があるので、リード文につながる形で記述する必要があります。

自分の考えを自然に表現するための語彙力、言葉を言い換えられる熟語力、問題文のポイントを1センテンスでまとめる国語力・英語力が同時に求めらる難易度の高い問題となっています。

普段の対策方法は、長文を読んだあとにまず日本語で要約をし、それを英訳する練習をしましょう。慣れてきたら、日本語の要約は頭の中で行い、時間を短縮できるようにしましょう。学校の先生や塾の先生に頼んで、添削をしてもらうとさらに効果的です。

文化構想学部の入試でも同様の英文要約問題が出題されるので、過去問で演習を行なう際には、文化構想学部の過去問も効果的に用いることができます。

偏差値40台から早稲田に合格するには?

早稲田大学は大学ごとだけでなく、学部ごとに入試の傾向が大きく違います。
同じ早稲田でも、学部によって受験科目、配点、問題の傾向など、本当にバラバラです。

ですが、残念ながら多くの受験生が、予備校・塾などで通り一辺倒な対策しか受けていません。
これでは、偏差値が届いていない生徒さんが合格することは難しいと言えます。

早稲田大学に合格するには、早稲田大学に合格するための勉強計画が必要です。

戦略次第で、たとえ今の偏差値が早稲田大学に到底足りていない状態からでも逆転合格を叶えることは可能です。

では、早稲田大学に合格するための戦略とはいったいどのように立てればいいのでしょうか?

早稲田大学の合格は、早稲田大学に合格させるプロにおまかせください。

今の成績に関係なく早稲田に受からせる根拠と合格戦略をお教えします。