早稲田大学 文化構想学部 英語の受験傾向や対策ポイント

早稲田大学の英語では、各学部ごとに出題傾向が異なるため、傾向を分析した上で対策を行なうことが非常に有効です。

このページでは、早稲田大学 文化構想学部の英語の「入試傾向」「入試対策」を解説します。

過去問を徹底分析して、合格するためのポイントをまとめましたので、早稲田大学 文化構想学部を目指す受験生は、ぜひ参考にしてください。

英語の入試傾向

早稲田大学 文化構想学部の英語の出題傾向についてご紹介します。

文化構想傾向

試験時間90分に対し、長文読解3題、会話文1題、要約英作文1題と非常にボリュームが多い試験となっています。

設問は全て英文で書かれており、英作文を除き、全問マークシート式です。

出題傾向は、文学部と似ているので文化構想学部を受験する場合には、文学部の過去問も演習に活用することをおすすめします。

読解力・スピード力が求められる出題

文化構想学部の英語は、読解中心の出題です。総語数は、2,500~3,000語程度ですが、長文の1つ1つの語数は、200語~300語程度の英文が中心で、語数が多い大問3の長文でも600語程度と、いわゆる超長文は出題されません

しかし、その分大問1・2の中では、300語程度の長文が2~3題と、大問2の(C)で500~600語程度の長文が1題出題される傾向があるので、長文の数は会話文・要約英作文も含めて8題とかなりのボリュームです。

速読力はもちろん、高度な語彙力・熟語力、文法・構文力、内容・文脈把握力、記述力とバランスのとれた英語力が求められ、早稲田大学の中でも比較的英語の難易度は高くなっています。

設問のパターンはそれほど多くないので、過去問で演習を繰り返し行い、問題形式に慣れておくことで解答時間を短縮することができます

大問1の空所補充は落としたくないポイント

大問1は、200~300語程度の英文が2題出題されます。設問は長文内の空所に単語や熟語を補填する空所補充問題です。

語彙の空所補充は、模試や問題集でも頻出の設問ですので、大問1はなるべく点数を稼いでおきたいポイントです。

選択肢の語彙自体は、大学入試の標準レベルでいわゆる難単語は出題されません。しかし、どの単語を当てはめても文章としてはおかしくならないような選択肢が揃っているので、英文の内容をどれだけ読み込めているかどうかが問われます。

大問1で得点をとるには、読解の中での速読力・推測力が重要です。長文を読み進めながら、空所にはどんな表現が入るのが適切なのかを前後の文から推測できることが正答につながります。

日ごろから300語程度の英文に対する速読力・精読力を鍛えておきましょう。少ない語数の英文を集めた難関大受験者向けの問題集では、やっておきたい英語長文300などがおすすめです。

内容一致問題には、捜索力が求められる

文化構想学部の大問2は、2015年度以降は300語程度の英文が2題と、500~600語程度の英文が1題出題されています。設問は、全て内容一致問題です。

大問2の設問も大問1同様、模試や問題集でも頻出の内容一致です。長文を読んで、内容に関する問いに答える内容一致問題では、速読力・精読力に加え、解答に関わる文を英文の中からいち早く見つける捜索力が求められます。

語数が少ない英文とはいえ、その先の設問を考えると全文を精読している余裕はありません。まずは設問をしっかりと読み解き、どの部分が解答に関わってくるのかを探しながら、英文を読解しましょう。

また、早稲田らしく設問は高難度に設定されており、英文の中では、設問の単語や表現が別の語彙で言い換えられていることもあるので要注意です。

文補充問題は、読解力が試される

大問3の文補充問題は、多くの受験生が苦手としている設問です。

早稲田大学の文化構想学部の文補充問題は、ダミーの選択肢も含まれているため、難易度が高くなっています。

文補充問題の攻略ポイントは、焦らずにしっかりと読解することです。

「この文章の次には、どんな文章が入るのが自然だろうか?」と考え、適切な文章を補充することが求められていますので、前後の文をしっかりと読み、話の展開として不自然でない英文を補填しましょう。

But,Howeverなど、前の文との逆説を示す接続詞や、SomeやItなどの代名詞は、前の文章とのつながりのヒントですので、つながるものはどの表現なのか、特に注意して見極めるようにしましょう。

読解ではまず大意をつかむ

文化構想学部の英語で最も必要になるのは、全体の文脈・大意・要点・流れを把握し、最短で英文を読みきることです。

細かい文法・構文の知識や段落ごとの精読も大切ですが、まずは英文の大意をつかむことが最重要です。

苦手な場合は、段落ごとに内容をまとめて、前後の段落とのつながりを意識して全文を読む訓練をしましょう。

「自分の言葉で」要約英作文

早稲田大学 文化構想学部の英語では、英作文の代わりに0.5ページ程の長文を要約する要約英作文が出題されます。

設問では、「in your own words」と指定されていますので、本文の抜き出しはNGです。また、文の書き出しと、補填する語数も●語~●語以内と指定されています。

自分の言葉でという指定がありますが、本文中に使われている単語を使ってはいけないということではありません。しかし、英文内の文章表現をそのまま使ってしまうのはアウトなので、できるだけ自分の言葉を使って表現することを心がけましょう。

このような要約英作文では、まず長文の要点を的確に絞り込み、日本語で要約した文を英文に自分で訳すことがおすすめです。

ポイントは、難しい表現を使いすぎないことです。できるだけ間違える可能性がない語彙を使い、自分の考えを表現しましょう。

早稲田大学 文化構想学部の英語では、言いたいことを自分の言葉で表現できる語彙力、正確な文法力を身に着けることがポイントです。

併願には、早稲田の文学部が鉄板

早稲田大学の文化構想学部の英語の問題は、早稲田大学の文学部の問題構成と似ています。

ですので、早稲田大学の中で併願をするのであれば、文学部と併願することがおすすめです。

また、過去問演習にも文化構想学部同様、文学部の過去問も有効です。

偏差値40台から早稲田に合格するには?

早稲田大学は大学ごとだけでなく、学部ごとに入試の傾向が大きく違います。
同じ早稲田でも、学部によって受験科目、配点、問題の傾向など、本当にバラバラです。

ですが、残念ながら多くの受験生が、予備校・塾などで通り一辺倒な対策しか受けていません。
これでは、偏差値が届いていない生徒さんが合格することは難しいと言えます。

早稲田大学に合格するには、早稲田大学に合格するための勉強計画が必要です。

戦略次第で、たとえ今の偏差値が早稲田大学に到底足りていない状態からでも逆転合格を叶えることは可能です。

では、早稲田大学に合格するための戦略とはいったいどのように立てればいいのでしょうか?

早稲田大学の合格は、早稲田大学に合格させるプロにおまかせください。

今の成績に関係なく早稲田に受からせる根拠と合格戦略をお教えします。