明治大学 理工学部 英語の受験傾向や合格ポイント

明治大学 理工学部の英語の「入試傾向」「入試対策」を解説します。
明治大学 理工学部を目指す皆様にとって、合格を勝ち取るヒントが盛りだくさん。

速読と精読の読み分け

明治大学 理工学部の英語は、試験時間が60分ですが、設問の難易度は標準レベルなので、時間内に解答し終えることができれば高得点が狙えます。

速読と精読を使い分けて失点をなくすことが、ポイントです。

リード文に注意

明治大学 理工学部の英語の長文問題は、要旨をつかみやすい点が特徴です。特に長文の冒頭部に、内容全体を把握できるリード文が含まれていることが多いため、注意深く読みましょう。

このリード文をよく読み込むことで、文章の要旨を短時間でつかむことができ、時間のロスを防ぐことができます。

物語文の出題

明治大学 理工学部の英語は、論説文が出題される傾向にありましたが、近年は物語文の出題頻度が高くなりました。

物語文では心情の読み取りが求められるので、手がかりとなる「時間」や「場所」など、キーワードの読み落としが無いように注意して読み進めることがポイントです。

英作文の出題

明治大学ではほとんど英作文の出題はありませんが、理工学部では長文問題の中で、英作文が1問出題されます。

難易度としては標準レベルのため構える必要はありませんが、本文中の類似表現や単語を利用して英作文をする練習をしておけばよりよいでしょう。

偏差値40台から明治大学に合格するには?

明治大学は大学ごとだけでなく、学部ごとに入試の傾向が大きく違います。
同じ明大でも、学部によって受験科目、配点、問題の傾向など、本当にバラバラです。

ですが、残念ながら多くの受験生が、予備校・塾などで通り一辺倒な対策しか受けていません。
これでは、偏差値が届いていない生徒さんが合格することは難しいと言えます。

明治大学に合格するには、明治大学合格するための勉強計画が必要です。

戦略次第で、たとえ今の偏差値が明治大学に到底足りていない状態からでも逆転合格を叶えることは可能です。

では、明治大学に合格するための戦略とはいったいどのように立てればいいのでしょうか?

明治大学の合格は、明治大学に合格させるプロにおまかせください。

→今の成績に関係なく明治大学に受からせる根拠と合格戦略をお教えします。