明治大学 情報コミュニケーション学部 英語の受験傾向や合格ポイント

明治大学 情報コミュニケーション学部の英語の「入試傾向」「入試対策」を解説します。
明治大学 情報コミュニケーション学部を目指す皆様にとって、合格を勝ち取るヒントが盛りだくさん。

大問1は文全体の主題をつかむ

明治大学 情報コミュニケーション学部の英語では、毎年の入試問題の傾向を掴むことが対策として効果的です。例年、大問1の長文問題では、単語を挿入する語彙力問題や内容理解を問う問題などが出題されます。

内容理解問題では、段落ごとの要旨で解答することができますが、最後にタイトルをつけさせる問題があるので、最終的に文章としての大意を把握する必要があります。

そのため、長文問題を演習する際、精読する練習も大切です。内容把握には段落を読むごとに要旨を書き出す練習が有効です。合否のボーダーにいる受験生の皆さんには、各科目の中でも特に英語の長文マスターが合格への近道です。

ネットに関する話題が頻出

明治大学 情報コミュニケーション学部の英語入試では、取り上げられる英文の傾向としてネットワーク社会やインターネットなどに関する話題が出題されやすいです。専門的な単語も出てくるため、試験本番に向けて普段からメディア系の長文を読むようにしておきましょう。

内容説明問題

明治大学 情報コミュニケーション学部の英語の大問2では、設問・解答が英文の、内容説明問題が出題される傾向があります。これは、問題文が本文の記述の順番に並んでいることが多いので、問題文を同時に読み進めていく方法が有効です。

選択肢は極めて平易で、消去法でも解答できます。ただ、倍率も高く競争率が高いので、基本レベルの問題では点数を取りこぼさないようにしましょう。

会話文問題は満点を

明治大学 情報コミュニケーション学部の英語の大問3では、会話文問題が出題される傾向があります。難易度は高くなく「疑問文なら、その答えを探す」、「指示語なら、その指示対象を探す」といったように、基本的な問題が多いのが特徴です。

代名詞がどちらの話し手に対応しているのか理解できれば、十分満点が狙えます。ao入試の受験生の方も、学部の性質上日常会話などの英語を強化しておいて損はないでしょう。

偏差値40台から明治大学に合格するには?

明治大学は大学ごとだけでなく、学部ごとに入試の傾向が大きく違います。
同じ明大でも、学部によって受験科目、配点、問題の傾向など、本当にバラバラです。

ですが、残念ながら多くの受験生が、予備校・塾などで通り一辺倒な対策しか受けていません。
これでは、偏差値が届いていない生徒さんが合格することは難しいと言えます。

明治大学に合格するには、明治大学合格するための勉強計画が必要です。

戦略次第で、たとえ今の偏差値が明治大学に到底足りていない状態からでも逆転合格を叶えることは可能です。

では、明治大学に合格するための戦略とはいったいどのように立てればいいのでしょうか?

明治大学の合格は、明治大学に合格させるプロにおまかせください。

→今の成績に関係なく明治大学に受からせる根拠と合格戦略をお教えします。