明治大学 農学部 英語の受験傾向や合格ポイント

明治大学 農学部の英語の「入試傾向」「入試対策」を解説します。
明治大学 農学部を目指す皆様にとって、合格を勝ち取るヒントが盛りだくさん。

概要

明治大学・農学部の英語は、長文の読解問題が2題出題され、文章量は多くないが、試験時間は比較的タイトです。特に出題テーマが特徴的で自然科学分野と、教育・哲学の分野からの出題が多い。

他の大学や学部と異なるのは、単語のアクセントや発音問題の出題が多い点です。

大問3題の出題、長文読解問題3題、文法・語彙問題1題が出題されます。記述式とマーク式(選択問題)の併用になります。

出題内容

・読解問題と文法・語彙問題が出題
・単語の発音、アクセント問題
・読解問題では、「空所補充」や「同意表現」、「内容説明」などが目立つ
・記述式の問題では、「空所補充」「書き換え」が出題
・文法・語彙問題では、主に「空所補充」問題が出題。

長文読解

明治大学・農学部の英語は、長文読解が2題出題されます。文章量はそこまで多くありませんが、試験時間60分と短いため、時間配分に注意が必要です。

出題テーマ

明治大学 農学部の英語は、読解問題の出題テーマに特徴があり、生物や環境をテーマとした自然科学の分野と、教育や哲学などをテーマとした社会・文化の分野からの出題があります。

過去に、『野生生物を救うための協力的な取り組み』、『バイリンガルの人から学ぶべきこと』などの評論文が出題されたことがあります。テーマについての背景知識があると理解しやすくなるので、新書を読み、知識の幅を広げておくことも、他の受験生と差をつけるポイントです。

文法・語彙力

文法問題では主に、英文の「空所補充問題」が出題されます。「仮定法」「関係詞」「比較」などは頻出なので、重点的な対策が必須です。

また、明治大学・農学部の独特の出題傾向として、単語のアクセントや発音問題が出題されます。「名詞で第一音節にアクセントがない単語」は頻出です。

偏差値40台から明治大学に合格するには?

明治大学は大学ごとだけでなく、学部ごとに入試の傾向が大きく違います。
同じ明大でも、学部によって受験科目、配点、問題の傾向など、本当にバラバラです。

ですが、残念ながら多くの受験生が、予備校・塾などで通り一辺倒な対策しか受けていません。
これでは、偏差値が届いていない生徒さんが合格することは難しいと言えます。

明治大学に合格するには、明治大学合格するための勉強計画が必要です。

戦略次第で、たとえ今の偏差値が明治大学に到底足りていない状態からでも逆転合格を叶えることは可能です。

では、明治大学に合格するための戦略とはいったいどのように立てればいいのでしょうか?

明治大学の合格は、明治大学に合格させるプロにおまかせください。

→今の成績に関係なく明治大学に受からせる根拠と合格戦略をお教えします。