「第一志望の実践女子学園中学に合格!」
「志望校別に授業をしてくれる。映像を見て、やる気になった。」

下薗美海さん

合格校実践女子学園中学校

3年生から塾に通ったものの、5年生で退塾し個人塾に切り替えたSさん。理由は、過去問対策強化。しかし個人塾でも同様に限界を感じ、スタディ・タウン一本に絞ることに。自宅では父親の指導を受けながら、第一志望を目指しました。
 
 
実践中の「10倍分かる過去問」(映像授業)はコチラ
 

3年生から通った塾。5年生の終わりに退塾しました。

中学受験はいつからどんな感じで始められたんですか?

お母さま:中学受験を意識したのは小学校2年生くらいからですね。2年生の終わりくらいから大手塾の新3年生コースに入りまして、そこから本格的に受験勉強に入りました。

志望校はいつ決めましたか?

お母さま:6年生になってからです。それまでいろんな学校の文化祭や行事に参加して、本人もいろいろと比較しながら、最終的な決定は6年生の夏くらいと決めて取り組んできました。実践さんの参加型の学校見学会、説明会などはくまなく参加させていただきました。本人としては、学校を見学が楽しかったし、学校に通うイメージもできるし、制服も気に入ったし、何もかもよかったので決めたとのことでした。

何か悩んでいたことはありましたか?

お母さま:結局3年生から入った大手塾は、5年生の末で一旦区切りをつけて退塾しました。その後個人塾にお世話になったんですけれども、結局どの塾に通っていても、本人のわからないところを解決できず、スピードが早すぎてついていけない。それでも次から次へと、新しい単元に踏み込まなければならなかったんですね。家庭では父親に習うんですけれども、塾の先生に習った方法と違ったりしていて、本人が混同してしまうこともありました。

塾の穴をどう埋めるか。悩んだ先にスタディ・タウンが

志望校対策をはじめたのはいつですか?

お母さま:個人塾でも大手塾で終わり切らなかった単元をやったり、その後に習ったところの復習をやったりしていて、結局過去問対策までいたりませんでした。先生は過去問は家庭で自分のペースでやるもので、塾では家庭で解いてわからないところを質問してくださいというスタンス。家庭では秋くらいから着手して少しずつ解いてはいたのですが、このペースだと終わらないと思いまして、その個人塾も12月でやめることになりました。当時、わからなかった問題は父親にきいて、塾では塾のペースに沿って授業を受けていました。

スタディ・タウンをはじめたきっかけは何ですか?

お母さま:首都模試の冊子や、インターネットの広告でスタディ・タウンの存在は知っていましたが、塾に通っていたのでそこまで必要性を感じていませんでした。個人塾に変わったタイミングで、大手塾では学べたけど個人塾では学べないものは何かとか、週末は父親が教えているものの、平日の穴をどうしようか話し合った時に、父親がスタディ・タウンに注目。デモの授業を見まして、「すごくわかりやすい!どうしてもっと早くスタディ・タウンで勉強していなかったんだろう」と。そこで急いで購入に踏み切りました。

志望校別に授業をしてくれる。映像を見て、やる気になった

はじめて見た時はどうでしたか?

お母さま:少し前にDVDの映像授業を見ていたので、なじみやすかったかもしれません。

Sさん:志望校別で、こんなにいろんな学校に沿って映像授業をやってくれるというのはすごいなって思いました。基礎知識を学べるDVDもはじめはよかったんですけど。スタディ・タウンの映像授業をちょっと見て、志望校に向けて頑張ろうかなって思いました。

購入前、不安はありませんでしたか?

お母さま:私の中ではいろんな媒体を通してスタディ・タウンの名前は目にしていたので抵抗はなく、一緒にデモ授業を見て、もうちょっと早くお世話になっていればよかったなと思いました。

実践中の「10倍分かる過去問」(映像授業)はコチラ

このクオリティの授業で、この金額。けっして高くない

金額に関してはいかがでしたか?

お母さま:主人はこのクオリティの授業を繰り返し何回も見ることができて、しかも過去5年分さかのぼって勉強できるのであれば、決して高くないと言っていました。

どのようにはじめましたか?

Sさん:いちばんはじめは理科だけ購入してやってみました。苦手な算数はきちっとやっていたんですけど、算数は父が仕事から帰ってきてからやるので、時間的にもけっこう厳しくて。じゃあ算数も買ってみようかと。算数もすごくよかったので、受験まで算数と理科を続けました。

具体的にはどのように使っていましたか?

Sさん:映像を流して、大事なところはノートに取ったりしていました。たまに、父からのアドバイスで、過去問であまりやったことないところは、映像授業を見る。わかるようになったら父に例題出してもらう、みたいな感じで使っていました。

手間がかかりそうな問題は、スタディ・タウンで解決する

購入前、過去問はどのくらい解いていましたか?

お母さま:過去問に着手した時点で、できそうなところから解いていこうというスタンスでやっていたので、すべて終わっていたわけではないです。計算とかその時点の本人の力に合わせて、できそうな問題をピックアップしてやっていたという感じです。

どんな問題を中心に見ていましたか?

Sさん:解いてみて自分ができたところは復習として残しておいて、まだやっていない問題で時間がかかりそうだと思う問題を見ていました。

お母さま:はじめて着手する問題は先に映像授業を見てから、後で解いてみるスタイルで。解いてできていた問題は、最後に復習としてもう1回見るスタイルで利用していたんだよね。

難しい問題は何度も。最後は見なくてもわかるように

スタディ・タウンを見てわかるようになりましたか?

Sさん:難しい問題でも何回も見れば、わかるようになりました。

お母さま:映像授業だけ見て理解を深められる問題もあれば、まだまだ本人のレベルより難しい場合もあったので、そんな箇所は父親に相談していました。本人のわからない部分の理解を深めるという方法で突破しました。

お父さんの解説と、スタディ・タウンの解説の違いはありましたか?

Sさん:その場で「なんでできないの?」とか、父親に注意されないからそのぶん安心して見ることができました。

お母さま:優しい口調で丁寧に教えてくださる。

教え方の違いで混乱することはありませんでしたか?

Sさん:スタディ・タウンは塾に比べたら父と考え方が似ている部分が結構あったので、混乱はしませんでした。たまに「スタディ・タウンさんのやり方もいいけど、もっと早いやり方があるからこれもやってみな」って言われた時は、父のやり方をやったりしたんですけど、早いやり方ってどうしても難しいときもあったので、そういうときは映像授業を見て頑張ったりしました。

購入後は、ほぼ毎日。自分のペースだから続けられる

スタディ・タウンでいちばんよかったことはなんですか?

Sさん:映像授業で、繰り返し分からないところを何回も見られるところ。自分のペースに合わせて授業が受けられるところです。

お母さま:買ってからはほぼ毎日欠かさず見ていました。

Sさん:塾を辞めてから結構空きが出てきたので、学校から帰ってすぐ見ていました。

勉強が嫌になることはありませんでしたか?

Sさん:嫌だなって思ったときもあったんですけど、学校が電車で通う学校だったので移動中に寝たりしていました。

お母さま:小学校も電車で通学していたので、通学時間に寝て、疲れを取って帰ってきたら勉強するみたいな感じでしたね。スタディ・タウンは嫌だと思ってなかったんじゃないですかね、結構好んで見ていました。理科とかノート取りながら、頑張ったね。怒られない安心感が何より。

 
実践中の「10倍分かる過去問」(映像授業)はコチラ

 

すべての映像を3回以上見た。徹底するから自信になった。

スタディ・タウンはどれくらい見ましたか?

Sさん:休日とかは2時間くらい見るときもあったんですけど、平日は1時間くらい見ました。

お母さま:すべての映像を3回以上見ていると思います。

普段はひとりで見ていましたか?

お母さま:一人で見ている時間が多かったですね。親が見ているとどうしても途中で余計な一言を言ってしまったりするので、一人で映像に向かって見ている時間いちばん集中していたと思います。

Sさん:たとえば隣に誰かがいると、やっぱり自分のペースでできないけど、一人で見ていると自分がここが大事だって思うところをメモできるので。

どこでどんな風に見ていましたか?

Sさん:家のリビングにあるパソコンで見ていました。

お母さま:もともとずっとリビングで勉強していたので、自分の部屋はほとんど使わずにリビングでしたね。

Sさん:あとはiPadで見たりしていました。

お母さま:パソコンはデスクトップなので、いつも固定の位置で。iPadはデスクトップとは別の位置で実際のお勉強している机の上に据えてやっていましたね。

点数がつけられないレベルから、手応えを感じるレベルに成長。

最初に過去問を解いたときの点数はどのくらいでしたか?

Sさん:最初は点数がつけられないくらいできませんでした。1~5まであって3までできるけど4と5は時間が足りなくて、問題すら見てない感じだったんですけど、だんだんやっていったら半分以上は取れるように。どんどんわかるようになってくる実感もありました。

本番はどうでしたか?

Sさん:本番は算数が難しくてダメかなと思いました。社会と理科と国語は手ごたえがあったけど。次の日もあるよって母が言ったので明日に向けて頑張ろうって思っていたところ、見てみたら合格していました。

受験当日、太宰府の鉛筆と消しゴムをお守りがわりに。

受験当日、スタディ・タウンが役に立ったと思うことはありましたか?

Sさん:スタディ・タウンにいただいた大宰府の鉛筆と消しゴムを使って、スタディ・タウンを見てノートに書いたことなどを思い出しながら解きました。

お母さま:すごいパワーになったと思います。親子で感動でしたもんね。こんなものまでいただいてって。大きい塾に通っていると、塾の先生が校門のところで激励とかいらっしゃるじゃないですか。それがなかったので、本人は筆箱あけてスタディ・タウンの先生にいただいた鉛筆と消しゴムに、すごいパワーをいただいたんだと思います。

スタディ・タウンを使う前と使った後で変わったことはありますか?

Sさん:使う前は過去問でわからない問題があると、休日にお父さんに聞かなきゃと思っていて、間に合うか不安だった。でもスタディ・タウンを購入してやってみたら、平日でもわからない問題がわかるようになった。これなら、間に合うかもって思うようになりました。

お母さま:ひとつの勉強の流れがまた新しくできました。まずスタディ・タウンを見てからそのほかの教科をやるとか、ひじょうにいいリズムでやっていました。本人が意欲的に何回も一時停止してノートを取っている姿を見て、本当に購入してよかったなと思いました。

どんなに疲れた日でも、スタディ・タウンなら取り組める

塾とくらべて、よかったことはありますか?

Sさん:塾はなるべく休まないように行こうって思っていたけど、学校終わってそのまま鞄取り替えて行くのも大変。行きたくないなって思ったりすることもありました。スタディ・タウンなら好きな時間に見られるのでよかったです。

お母さま:学校で体育が2時間ぐらいあった日とかは疲れているんですよね。1回休んでから頭をクリアにしてスタディ・タウンに取り組んだり。塾だとどんなに眠くても、容赦なしに聞いてなきゃいけないっていうのがつらかったみたいで。そういう意味でもよかったよね。

質問できない仕組みでも、問題ありませんでしたか?

Sさん:塾の先生は隣にいてくれたんですが、先生が決められた時間ずっと一緒に居るわけじゃなくて、いろんな生徒のところ見て回る。だから、映像授業の方が繰り返し見られるし、質問しなくてもいいくらいしっかり教えてくださっていたのでよかったです。

一刻も早く、本人のやる気に火をつけるために

理想の過去問対策とはどのようなものですか?

お母さま:過去問は大手塾に通っていれば夏くらいから総合復習に入り、少しずつ過去問に着手でしょうけれども、本当はもう少し早く、6年生からスタートできるといいと思います。もちろん、志望校が決まっていればの話です。そして、定期的に繰り返し勉強していくことが合格への近道かなと思いました。

来年の受験生に向けてアドバイスはありますか?

Sさん:スタディ・タウンはいろんな学校を選べるし、繰り返し見てわからないところとかもちゃんとひとつひとつ見られる。だから、できれば6年生の夏くらいからやった方がいいと思います。

お母さま:大人が考える受験までの時間と、子ともが考える受験までの時間って時間軸が違うと思うんですよね。最終ゴールが2月1日の受験日に設定してあったとして、大人は夏くらいでももうこれだけしかないって思う。でも子どもはまだまだこんな先だって時間のとらえ方。なので、お尻に火がつくのが1か月前だったり、1週間くらい前だったりする。そこに向けてお尻を叩くのは親の役目なので、スタディ・タウンを目にした親御さんたちが早く購入して定期的に見せていくといいのでは。そんな環境づくりをしてあげるとよりいいと思います。

 

 

実践中の「10倍分かる過去問」(映像授業)はコチラ

 

 

親が何も言わなくても、自分のペースで勉強するスタイル

予想しなかったような効果はありましたか?

お母さま:こちらが言わなくても、自分のペースに合わせて勉強するスタイルができたことが良かった。それまでは毎日何から着手すればいいのかわからなくて、「今日何すればいい?」という感じだったんです。まずは映像授業からっていうスタイルができたので良かったと思います。それを元に学んだことを自分から広げようと問題集をやってみたり。そのあたりは予期せぬ効果だったかなと思います。

Sさん:首都圏模試でも、やった問題が出ました。今までは父の早いペースできつかったので、スタディ・タウンだと、1日で1単元という感じで、すこしずつできたこともよかったです。父とは土日しかできなかったけど、一人でスタディ・タウンを見て理解できるようになったので幅広く強化できました。

スタディ・タウンへの要望はありますか?

お母さま:可能かどうかわからないですけど、例えば映像授業を見てもどうしても分からなかったところはメールで質問できるとかあったらいいかなと思いました。これも、非現実的かもしれないですけど、購入した方を対象に1回だけでもいいので先生にお会いして、実際の質問コーナーもあったらうれしいんですけどね。

わからないことを解決してくれる、頼もしい存在

タディタウンってどんな存在だった?

Sさん:頼りになる存在でした。勉強で分からないことがあったときにいつでも見ることができて頼もしかったです。

お母さま:大きい声で言えませんが、下手な塾へ行くよりはスタディタウンさんで勉強するほうが効果が上がるんじゃないかなって思います。お世辞抜きでそう思います。

もしスタディ・タウンがなかったらどうだったと思いますか?

Sさん:過去問で手が付けられない部分があったまま、入試を迎えちゃってたかなって思います。

何度も繰り返し解くこが、合格への近道

合格の秘訣はなんですか?

Sさん:やっぱりわからないところは何日かかってもいいから繰り返し繰り返し自分の手で書いてわかるまで解いてみる。それが、合格に近づく一歩だと思います。映像を流しているだけでも、十分効果があると思うけど、それを見て、汚くてもいいから大事なところとかノートに書いてみるとさらに効果がアップすると思います。

スタディ・タウンの購入を検討されている方にアドバイスはありますか?

Sさん:スタディ・タウンは本当に先生たちが熱心で、わかりやすい。全部ていねいに教えてくれるので、映像で勉強すれば、自分の行きたい学校にきっと行けると思います。

こんなに応援してもらえるとは。涙が出そうになった。

 

講師の先生に一言なにかあれば。

Sさん:いつもわかりやすい授業をありがとうございました。これからも先生のていねいな授業で、みんなを合格に導いてください。

お母さま:受験に際してのアドバイスや応援メッセージも最後までいただきました。いただいた鉛筆や消しゴムと同じくらい、嬉しかったです。こんなことまで言っていただけるんだと涙がでそうでした。私たちとしては通っていた塾以上の思い入れができて、すごく力になりました。

Sさん:文房具が好きなので、鉛筆と消しゴムをもらったときはすっごくうれしかったです。大宰府の鉛筆はすごく大切だったので、当日まで大事にしまっておいて、受験の日に研いで持ってでかけて、それで受験しました。消しゴムも消しやすかったです。

お母さま:消しゴムが間違いを消してくれたのかもしれないね。本当にありがとうございました。

 

実践中の「10倍分かる過去問」(映像授業)はコチラ

 

 

◎中学受験合格のノウハウ満載!◎
中学受験のリアルな体験談やスタディ・タウンの映像授業の活用法・勉強法を知ることができる、
初めて中学受験をするお母さんお父さんにもおすすめのコンテンツです
⇒2018年度中学受験合格者体験談はコチラ

お問合せはこちら

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

お問合せフォーム

受付専用ダイヤル

03-6871-6661

受付時間

10:30~13:30/14:30~19:00
火~土(日月祝 休)

株式会社シンドバッド・インターナショナル スタディ・タウン事業部

PAGE TOP

スタディ・タウン

閉じる

スタディ・タウン 高校生

閉じる

スタディ・タウン 小学生

閉じる

スタディ・タウン English

閉じる