「合格可能性20%からカリタス女子中合格!」
「あきらめかけていたので家族みんなでびっくりです。」

長瀬純怜さん

合格校カリタス女子中学校

成績があがらず転塾したものの、まったく成果がでない。親子で受験勉強に励むけれど、第一志望の合格可能性は20%のまま。そんなNさん親子が「藁にもすがる思いでした」と始めたのが、スタディ・タウンの私立中学受験過去問対策と時事問題でした。

藁にもすがる気持ちではじめたスタディ・タウン。

塾には通っていましたか?

 お母さま:4年生から地元の塾に通っていました。受験対策もしてくれるかなと。でも5年の6月に成績がガッと下がって。それでここじゃダメだと思い別の塾に転塾しました。沿線では中学受験に定評がある塾。でも、とにかく成績が伸びない。前の塾と全然ペースが違って、ついていけませんでした。これまでそんなに病気とかしなかったんですけど、マイコプラズマ肺炎にもなってしまって。どんどん遅れて取り戻すのも大変でした。

志望校を決めたのはいつですか?

お母さま:5年生の秋です。学園祭とかに行って決めた感じですね。でもずっとカリタス合格には届かない成績で。困った、どうやって対策しようかって悩んでいるとき、チラシで映像授業を見つけたんです。あ、こんなのあるんだ、お試しの映像を見てすぐ購入しました。操作性もよく、これならなんとかなるかもって、すぐ決めましたね。

 

過去問を解いたことはありましたか?

お母さま:過去問の本は5年生の時に買っていました。でも全然やらなくて、やりはじめたのは6年生になってから。やってみたら難しい。しかも10月くらいからやらなきゃいけないことが増えてどうしようかと悩みました。解いて解きっぱなしにするのはよくない。かといって、私たちも教えられない。そこで、スタディ・タウンで教えてもらおうと思ったんです。

志望校別ならレベルに合わせて教えてもらえる。

購入前に不安に思っていたことはありますか?

お母さま:映像をちゃんと見てくれるか、一方通行の映像でも理解できるものなのか、ということです。いいなと思ったのは、志望校別というところ。この子のレベルに合わせてやってもらえる。最初は一瞬高いかなと思いましたが、手が届かないわけでもない。すぐにお願いしました。

実際にやってみてどうでしたか?

Nさん:とてもわかりやすかったです。

お母さま:赤本だと途中式が飛ばされたりしていて「なんでこうなるのかな?」ってわからない所があったんだよね。

Nさん:映像だから、途中式もわかりやすかった。

お母さま:先生が丁寧に教えてくれるので、解き方のプロセスもわかる。別の解き方も時間をかけてやってくれる。頭のいい子は要領よくやれるんだろうけど、私たちはわからなかったから本当に助かりました。

講師の教え方はどうでしたか?

Nさん:黒板が見やすくてわかりやすかったです。特に色をつかって書いてくれたりとか。

お母さま:大澤先生は色ペンをいっぱい使って解説してくれたんだよね。娘はもともと色ペンを使うのが好きで。そればかりに集中してしまうので一時期禁止してたんです。でも、大澤先生の授業の板書する時はいいよって。お揃いのペンを揃えて、ノートをとるのも楽しそうでしたね。

「わかった!」と言いながら前のめりでパソコンに向かう娘。

はじめてみてお子さんの変化はみられましたか?

お母さま:3年生くらいから一緒に勉強してきたんですが、以前はすぐに疲れて眠くなっていました。ところがスタディ・タウンをはじめて、どんどん前のめりに。解きながら「わかった!」とか言うんです。集中力もついてきたようです。びっくりしました。買ってよかった。お金、無駄にならなくてよかったって思いました(笑)

苦手教科は克服できましたか?

お母さま:物理系が苦手でした。でもカリタスの試験には、かならず重りの問題が出るって聞いていて、なんとかしなきゃと思っていました。

Nさん:重りの問題も解説がありました。学校でもおなじ問題が出て復習みたいな感じで解くことができました。大澤先生の授業を見たからできたんだと思います。

お母さま:大澤先生は大事なところを強調してくれるんだよね。わからないところは何度も見たね。重りとてこと電気かな?

Nさん:うん。けっこう何回も見た。

日々の生活のなかで、どのように使っていましたか?

お母さま:平日は朝から計算問題を解いて学校へ。帰宅したら塾に行って、塾から戻ると学校の宿題と音読と塾の宿題。過去問は塾がない日にやっていました。一人でやって、一人で解説見て、一人で丸つけするという感じだったね。

Nさん:やった。テレビも見ないで。

お母さま:でも10月くらいから自然とテレビも見ないしゲームもしなくなった。スタディ・タウンを買ったあたりからだよね。私も9月くらいまではついて見ていたんですけど、どんどん忙しくなってしまって。結局娘が一人でスタディ・タウンと勉強してくれていたので助かりました。

親が見ても理解できる。わかる喜びを親子で共有できる。

お母さまも使われましたか?

お母さま:半分くらい見たと思います。あらためて、スタディ・タウンは親のためでもあるなと思いました。娘は算数がダメで、私も主人もダメ。娘をサポートするためにネットの学習教材を使って勉強していたんですが、全然できませんでした。中学受験は大人の解き方じゃダメなんですよね。それがスタディ・タウンを見てわかるようになってきました。

お母さまから見ても、前知識がなくても理解できる内容でしたか?

お母さま:理解できました。丁寧に教えていただいて。「ここに補助線引くんだ」って、わかると嬉しい。娘にもわかると嬉しいうことを知ってほしかったんですけど、どうだろう。どうだった?

Nさん:ちょっと嬉しかった。ひとつ解けると、他のも解けるようになったりね。

お母さまが教えるのとスタディ・タウンで学ぶのは何がちがいましたか?

お母さま:お母さんとやると「なんでわかんないの?」って言われちゃうけど、スタディ・タウンの先生はそれがないから良かったんだよね。

Nさん:そう、それがちょっとウザかった。

お母さま:私も言っちゃいけないって思っているんですけどついつい。娘は私と性格が違っておっとりしていて、私はどんどんガツガツやる方なので、余計イライラしがちでした。スタディ・タウンの先生に教えてもらえて本当に良かったと思っています。

合格した時のことを教えてください。

Nさん:塾の先生がすごく喜んでくれた。私もうれしかったです。

お母さま:下剋上だって言われたよね。合格判定も最後までずっと20%くらいだったんです。

Nさん:合格はネットで発表だったのですが、自分の番号が分からなかったので、塾で聞いて確認しました。先生にも合格しましたって報告しました。お父さんも喜んでくれました。

お母さま:お父さんもダメだと思ってたもんね。

Nさん:お母さん、泣きそうだった。

お母さま:お父さんも泣きそうだったよ。

Nさん:そうなの?

時事問題は食事中にBGMとして流して、効率良くインプット。

時事問題も購入されましたが、購入のきっかけは?

お母さま:発売された時にすぐ買おうと思いました。スタディ・タウンのならきっと大丈夫だよって夫も背中を押してくれたんです。本も何冊か買っていたものの、結局あまり読まずにスタディ・タウンで勉強しました。隙間時間をつかって効率的にインプットできたと思います。更新も早くてびっくり。もう今日のがアップされてるよ!と、家族みんなで感激しました。どんどん増えくるとお得感も増してくる。受験前ギリギリの1月の中旬まで先生が出てきて話してくれました。実際問題が出たかどうかよりも、こうしてリアルタイムで励ましてくれることがうれしかったです。最後は精神的な支えでしたね。追い詰められている時だったので、本当に救われました。

時事問題の重要性に気づいたのはいつですか?

お母さま:大手の塾の先生が時事問題は90%の確率で出るからって言われていて、なんかしなきゃと思っていました。でも、本を買っただけで、テレビも見ない生活になっていたので、ニュースもろくに見ていない。どうしようと思っていたところでした。

どんなふうに活用されてたんですか?

お母さま:最初はふつうに動画として見ていたのですが、受験の直前になるとだんだん時間がなくなってくる。そこで、食事中に流すことに。ご飯の時には、必ず先生の声を聞こうと決めたんです。今日はこれにする?とか言いながら、1コマか2コマは必ず聞きました。先生物知りだね、とか話しながら。私たち親もすごく勉強になりました。

本で学ぶのと、映像で学ぶのでは、違いはありましたか?

Nさん:理解の度合いかな?

お母さま:そうだよね、理解が全然違ったね。本だとサッとと見るだけだと、なんだか腹落ちしない感じでした。これは個人的な感想ですが、本だとわかっているつもりになりがちで、実際問題解くと忘れてしまっていることもあるけれど、映像だと先生が裏の裏まで話してくれるので頭に残りやすかったように思います。

時事問題対策は、受験の本番で役に立ちましたか?

Nさん:はい。出ました。

不安な時も、受験直前も、ずっと伴走してくれた先生の存在。

他にどんなところが気に入りましたか?

Nさん:大澤先生!わかりやすかった。

お母さま:先生、おちゃめだよね、だから好きなんだよね。接触回数が多かったからかもしれないけど、なじんじゃったよね。我が家では「今日も大澤先生見る?」みたいな感じでした。最後にはメッセージもくださっていました。最初から最後まで、先生と一緒に走ってる感がありましたね。本当は売りっぱなしでもいい商品じゃないですか。それなのに時事問題も直前までアップデートしてくれるし、時々隠れメッセージみたいなのもくださるし。心遣いがうれしかったですね。

スタディ・タウンを使ったことで、ご家族に変化はありましたか?

お母さま:無関心だった夫もどんどん協力的になり、最後はみんなで一丸となって取り組むようになりました。そうなると次は逆に、一生懸命になりすぎて不安になってくるんですよね。そんな時にスタディ・タウンの先生がいろんな仕掛けを考えてくださいました。

Nさん:先生からのメッセージ、励まされたね。

お母さま:みんな無言で勉強してて、家のなかシーンとしてる時だったもんね(笑)

Nさん:でも、うれしかった。

お母さま:本当?

Nさん:本当。

お母さま:お父さんも頑張ってたもんね!

印象に残っている言葉はありますか?

お母さま:過去問対策をすれば偏差値が足りなくても大丈夫。12月まではそんなことを言われていて、とにかくやるのみだと頑張りました。それでも合格可能性は20%のままだったのでやっぱり不安でした。そして1月くらいになったら先生が「その子が行った学校がその子にふさわしい学校なんだ」って言ってくださって。そうか!って納得しました。イケイケどんどんで頑張ってきたけど、12月の模試で精神的に追い詰められてくる頃。ここまでやったから十分だってリラックスできたのがよかったです。時期に合わせて最適なメッセージを送ってくださっていたと思います。

お母さま:ひとりっ子で初めての受験。わからないことばっかり。不安だった時、先生方のメッセージがいちいち心に響きました。塾の先生はどちらかというと必ず受かる方に誘導されるので、そうじゃないんだと思うところもあり、ここが心の拠り所だったように思います。スタディ・タウンの先生方のおかげでがんばることができました。本当にありがとうございます。

スタディ・タウンがなかったら受からなかったと思う。

スタディ・タウンを利用して、何がいちばん変わったと思いますか?

Nさん:たぶん受かってなかった。わからないままだったから。

お母さま:それと、お母さんのこれ?

Nさん:お母さんがイラっとするのが嫌だったからそれがなくなってよかった。

使い終わってみて、価格については適正だと思われますか?

お母さま:パッと見は高そうに見えるんですけど、10月に購入したとして残り5か月間使う場合、2教科で3万円弱。1か月5000〜6000円、1教科1年分で計算したら2000〜3000円なんですよね。テキストを購入しても2000〜3000円するわけだし、お得だと思って購入しました。時事問題も最初は高いかなと思ったんですけど、次々アップデートされてるのを見ていたら、本当にお買い得だと思いました。

最後に一言!

Nさん:聞くだけでわかりやすいし、その問題をすぐできるようになる。おすすめです。

お母さま:他にもいっぱいあるみたいなので、またこの先お世話になるかもしれません。

  大学受験の時にも頼みたいですね。よろしくお願いします。

 

 

◎中学受験合格のノウハウ満載!◎
中学受験のリアルな体験談やスタディ・タウンの映像授業の活用法・勉強法を知ることができる、
初めて中学受験をするお母さんお父さんにもおすすめのコンテンツです
⇒2018年度中学受験合格者体験談はコチラ

お問合せはこちら

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

お問合せフォーム

受付専用ダイヤル

03-6871-6661

受付時間

10:30~13:30/14:30~19:00
火~土(日月祝 休)

株式会社シンドバッド・インターナショナル スタディ・タウン事業部

PAGE TOP

スタディ・タウン

閉じる

スタディ・タウン 高校生

閉じる

スタディ・タウン 小学生

閉じる

スタディ・タウン English

閉じる