「サレジオ学院中学校合格!」
「偏差値が高くても、過去問は解けなかった」

Kさん

合格校サレジオ学院中学校 世田谷学園中学校 桐蔭学園中学・中等教育学校 東京都市大学等々力中学校 栄東中学校

偏差値的には十分足りている志望校だったのに!はじめて過去問を解いてみて、あまりのできなさにびっくりしたというK くん。過去問は解いた後の復習が大事だけど、本の解説を読んでみてもわかりにくい。なかなか勉強が進まない。そこで過去問の復習対策としてスタディ・タウンをはじめることに。
 
 

初めて解いた過去問は、ボロボロだった。

過去問の重要性に気づいたきっかけは何ですか?

お母さま:志望校のサレジオは近所の学校なので、身近すぎて難しいなんて思っていなかったんです。過去問を見るまでは。過去問を見たら意外と難しくて。偏差値が足りていても、試験は難しいんですよね。

Kくん:いちばんはじめに解いたときは本当にボロボロだった。

お母さま:ボロボロだったよね。最初に算数を解いたのは10月くらいかな。

Kくん:28年度の問題を解いたのが10月で、すごく難しくて詰まるような問題がたくさんあった。問題飛ばしてもわかんない、また飛ばしてもわかんない、という感じで。

お母さま:塾では日特のクラスが4クラスあって、その中で1番上のクラスでした。成績順に席の位置が決まるんですけど、最初は半分より前の方だったんです。だからそれなりに解けると思っていたんです。でも蓋を開けて見たら、全然解けない。これにはびっくりしました。

Kくん:だいぶ、焦りました。

偏差値が上がっても、過去問が解けなければ意味がない。

過去問の重要性を感じたのはいつですか?

お母さま:はじめて過去問を解いたのが6年生の10月。そこで、意外に難しいってことに気がつきました。偏差値ってあてにならないわけじゃないけど、絶対じゃないぞと思うようになりました。自分の偏差値より3つくらい上の学校はやっぱり入試問題がすごく難しくて、逆に自分の偏差値より2〜3くらい下の学校でも侮れなかったりする。よく自分の偏差値より10くらい上の学校に合格をする子もいるっていうお話を聞くんですけど、それってすごいことだなって思うようになりました。うちは、国語と社会は割と取れたのですが、算数と理科が取れなかった。不安を感じましたね。

サレジオを受験する他の人も、過去問には苦戦していましたか?

Kくん:最初に解いた時は他のみんなもそんなにいい点数はとれていませんでした。たとえば、理科は75点満点で20点とかくらいだったと思います。

塾では過去問対策はどのように指導されましたか?

お母さま: 8月末か9月の頭くらいに、過去問の取り組み方の説明会がありました。そこで、時期が来るまで過去問は解かないでくださいという指導がありました。夏に解いてもどうせ解けないからショックも受けるし、そこでショックを受けても意味がない、ということでした。国語は9月から解いてもいいとのことでしたが、算数は10月に入るまで手をつけないようにと指導されました。過去問の存在は気になってはいたものの、塾からも毎回宿題が出ていたので、過去問を解く余裕もありませんでしたけど。塾ではサレジオの日特コースも受講していたので、ある程度は大丈夫だと思っていたのですが、過去問は点数が取れませんでしたね。

塾の授業で手いっぱい。過去問対策自体もボロボロ

スタディ・タウンを購入したきっかけは何ですか?

お母さま:朝日小学生新聞を購読していて、そこで広告を見つけました。その頃、とにかく時間に追われていたんです。過去問を解いて、塾の先生に提出することに必死になっていました。次は返却されたものを復習しなくちゃいけないわけですよね。解いた後は、丸つけをして提出するのですが、時間がないまま提出して、次の週にまた返却されてという感じで、完全に消化不良でした。これはどこかでちゃんと復習をしなければと思っていたんですよね。赤本を読んで自分で復習するとなると、結構時間がかかってしまっていましたし。

Kくん:わかんないところも多々あったり。

お母さま:そうだね。わからないところも赤本を見てもわからない。どうしてこの解き方になるんだろうって悩んでいたよね。

Kくん:過程がちゃんと説明されていなかったところもあったりして。

お母さま:それと、復習だけに時間を割いているわけにもいきませんでした。塾の授業は夜9時くらいまであります。しかも火・水・木・土・日の週5日。小学校から帰ってきて寝るまでの間に、過去問を解いて、復習して、塾の宿題もやる。夜11時前までに寝たいけど、11時までに終わらない。あらゆることを効率化して進めなければ、にっちもさっちもいかない。そう思っていた時、スタディ・タウンに出会いました。

スタディ・タウンで、わからなかった過去問が、わかるように。

はじめて見たときはどうでしたか?

Kくん:映像だから気になったところで停めたり、戻ったりできるのが良かったです。何度も繰り返し見ることができるし、自分のペースで進めることができる。一つひとつが大問ごとにわかれていてそんなに長くないから、小分けにしてやれる。あと、講師のみなさんが過程を書いてくれたり、しっかり説明してくれたので、わかりやすかったです。

自分ひとりで過去問の復習をしている時と、何が違いましたか?

Kくん:一人でやっていた時はわからないところが結構ありました。過程の説明を読んでいると、肝心なところが抜けていたりして。「ここ、どういうことだろう?」って思って、そこで止まってしまうことがよくありました。「以下のように考えよ」とか書いてあるけど、「以下」が何を指すのか、明示されていなかったりするんです。

疑問点を解消することで、過去問の理解は進みましたか?

Kくん:けっこう理解できました。何度も繰り返し見れるところがすごくよかったです。塾では一度だけ説明されて終わり。当たり前だけど、ぼく一人のために何度も説明してはくれません。スタディ・タウンは3〜4回見た問題もあります。

先生に質問することができなくても、映像だけで解決できましたか?

Kくん:過程も丁寧に説明してくれたので、困ることはそんなになかったです。

お母さま:その点は心配していませんでした。先生が板書して、最初から最後まで丁寧にステップを踏んで説明してくれるので、非常にわかりやすかったです。

おやつを食べながら見れる。すきま時間を活用できる。

購入前、不安に思われていたことはありますか?

お母さま:HPの中にお試し映像が何分間かありますよね。それを見て商品の概略がちゃんとわかっていたので、ギャップはありませんでした。実際購入してみた後も、だいたい想像していたイメージ通りでしたね。それよりも、不安に思っていたのは、見る時間をちゃんと確保できるかという点でした。その頃とにかく時間に余裕がなかったので。しかも5年分もやらなければいけない。でもそこは、細切れの時間を有効活用することで解決できました。ごはんやおやつを食べながらでも、スタディ・タウンは見ることができたので。結局、サレジオの過去問は11年分もやったんですよ。

もっと早くやっときゃよかった。時間がなくなる受験後半。

過去問対策はいつからやるべきだと思いますか?

お母さま:もっと早くから取り組んでおけばよかったと思います。早期に取り組む塾もあるようです。ただ、夏休みは夏休みで昔のタウンページ並みに分厚いテキストに苦戦していて。それと並行して過去問をやるような、心の余裕も時間もありませんでした。運動会などの学校行事で忙しかったりもして。さらに、提出すること自体も大変な労力でした。年度、学校名、教科別のわからなかった箇所を、A4の紙1枚に書いて一緒に提出するルールだったんです。このまとめも案外大変でしたね。専用の袋に入れて、決められた曜日に提出しなければならないなど、細かい決まりごとも多かった。それでだんだん負担になり、塾には提出しないようになっていきました。自分で赤本の解説読んで納得できたら、それで済ませるというふうに。

Kくん:提出するためのシートを書くのが大変でした。長い時は1時間くらいかかっていたと思います。自信があったか、なかったか。解けたか、解けなかったか、もしくは解説を見ても解けなかったか…とか。すごく細かく報告しなければいけなかったので。

スタディ・タウンは、不安な気持ちに寄りそってくれた。

塾の先生の過去問対策はいかがでしたか?

お母さま:提出した過去問が先生から戻ってくるとき、「あなたが解けなければいけない問題」とか「解けなくても気にしなくていい問題」とか、細かく書いてくださるんですね。でも、そのうちの8〜9割は、「解けなければいけない問題」で。これを見るたびに胃が痛みました。

解説がついてない場合はどうしていましたか?

Kくん:赤本を必死に理解しようとしました。なかには忘れてしまって二度と復習しなかったものもあります。結構疲れました。

お母さま:本人は追いまくられているので、私たちが何年度の何の科目をやったという記録をすべてエクセルの表で管理していました。点数、回数、受験者平均を上回っているか、合格者平均を上回っているか、など項目的に色分けしたりして。私と主人で更新していました。でも、だんだんどれがどれだかわからなくなってくるんですよね。平成○○年度のサレジオのAの算数って解いたかな?と。最後は親も混乱していて、子どもは目の前に出されたものをこなすので精一杯。赤本もそれはそれで役には立ったんですけれども、説明が不十分なところも多々あって。だから、スタディ・タウンの親切な解説は、本当に役に立ちました。先生が話してくださることに励まされましたし。特に佐野峯先生は、ノートの使い方とかまで丁寧に説明してくれて。本当にありがたかったです。

佐野峯先生の教え方はどこがわかりやすかったですか?

Kくん:最初の段階から丁寧に説明してくれるところです。全然わからなかった問題でも、その説明を聞けば、ちゃんとわかるようになる。本当にわかりやすくてよかったです。

お母さま:サレジオと世田谷を買ったんですけども。登場回数は、佐野峯先生が1番多かったと思います。でも、どの先生もとてもわかりやすかったみたいです。本当にありがとうございました。

親が教えるのには、やっぱり限界がある。

ご家庭ではご両親が教えることもありましたか?

お母さま:教えてはいませんでした。一緒に解いたりはしていました。サレジオと世田谷の国語は私も全部解きました。息子と一緒に復習もしていました。とにかく算数と理科が1番大変でした。私は算数と理科は教えられなかったので、主人が時々見ていましたけど、主人も全部教えられるわけではなかったですね。やっぱり、大人が教えるのは難しいですよね。私にできたのは、塾の送迎とお弁当作りと、国語を一緒に解くくらい。あとはプリントやテキストの整理とか。一杯いっぱいでした。

補足知識や語呂合わせ。赤本には書いていないこと。

本の解説とスタディ・タウンの解説は何がちがいましたか?

Kくん:本の解説は、計算式だけが書かれていて、解説が何も書かれていない、ということが多かったです。でも、スタディ・タウンは過程をちゃんと解説してくれたり、書いたりしてくれます。そこが、とてもわかりやすかったです。

理科はどんなところがよかったですか?

Kくん:理科は補足知識なども一緒に紹介してくれました。覚えやすい語呂合わせとかも。赤本にはそういうのがなかったので、楽しく覚えられる工夫がよかったです。

理科で苦手なところはありましたか?

Kくん:水溶液とか電流の問題は苦手だったんですけど、一応、見たらわかるようになりました。苦手な問題でも、映像だけでなんとかなりました。

子どもの体力に合わせて、子どものペースで解く。

スタディ・タウンを使うようになって勉強の方法は変わりましたか?

Kくん:空き時間とかに見たり、ご飯食べているときに見たりしたので、効率がぐっと上がりました。基本的には、解けなかった問題とか、まだ復習できてない問題とかを中心に見ていました。

印象に残っていることはありますか?

お母さま:最初見たときに「すごくいいね!」って息子も言っていて、私も安心しました。その安心がいちばんですね。時間は何とかして作り出していた感じです。最初に1年分を一気に見たんですが、1時間くらいかかっちゃって。目がつらいと言っていたんです。でも、大問ごとに区切ってあるので、その後は大問2つをいっぺんに見る、というやり方にしました。それと、わが家では夕食の時、息抜きにテレビを見るのが習慣になっていたのですが、買ってしばらくしてから、その時間をスタディ・タウンにあてることにしました。

6年の12月。ギリギリだけど、2校目も買ってみよう。

購入に関してはご家族で話し合われましたか?

お母さま:私が「こんなのあるけど使ってみる?」って言ったら、息子もいいんじゃないって言って。主人はというと、「見る時間あるの?まぁまぁ高いんじゃない?」と言っていたのですが、過去問のフォローで大変な思いをしていたこともあり、結局「ちょっと購入してみようか」と賛同してくれました。

二校目も購入されたのはなぜですか?

お母さま: 2校目の世田谷も割と過去問が効率的に進まず、これもどうしようかと悩んでいました。買ってみようと思ったのですが、その時すでに12月で。さすがにもう5年分全部は見れないかもしれない。迷いました。でもやっぱり、買おうかということになって。結局、世田谷も5年分全部見ることができたんです。本当にギリギリでしたけど。

スタディ・タウンがあってこその合格だと思います。

スタディ・タウンがなくて合格できたと思いますか?

Kくん:スタディ・タウンがなかったら、勉強効率がもっと悪かったはず。スタディ・タウンがあってこその合格だと思います。

来年の受験生に向けてメッセージを!

Kくん:早めの購入をおすすめします。受験直前に時間を作るのは大変なので。ずっと見続けると疲れるから、隙間時間を活用しつつ、ほどよく見るのがいいと思います。内容はとてもわかりやすいです。質問しなくてもどんどん進めていけるから、時間のロスもありません。

スタディ・タウンの購入を検討されている保護者の方にメッセージを!

お母さま:本当にわかりやすい授業で、先生も本当に気さくな方ばかり。塾の先生たちと同じ距離感で、優しく熱心に説明してくださりました。この説明を聞けば、消化不良になんかなりません。息子の様子を見ていてそう思いました。先生が板書しながら、口頭できめ細かに説明も加えてくださるので。ただ、あまり遅い時期になってしまうと、映像を見る時間をつくるのが大変です。早めに見はじめたほうがいいと思います。それと、特に受験直前には、塾のペースに合わせるゆとりもなくなってきます。そんなときスタディ・タウンなら、好きなタイミングで解いてさっさと復習できる。繰り返し何度も見れる。負担にもなりにくい。自分のペースで取り組めるのは大きな利点です。本当に役に立ちました。買ってよかったと思います。ありがとうございました。

 

 

◎中学受験合格のノウハウ満載!◎
中学受験のリアルな体験談やスタディ・タウンの映像授業の活用法・勉強法を知ることができる、
初めて中学受験をするお母さんお父さんにもおすすめのコンテンツです
⇒2018年度中学受験合格者体験談はコチラ

お問合せはこちら

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

お問合せフォーム

受付専用ダイヤル

03-6871-6661

受付時間

10:30~13:30/14:30~19:00
火~土(日月祝 休)

株式会社シンドバッド・インターナショナル スタディ・タウン事業部

PAGE TOP

スタディ・タウン

閉じる

スタディ・タウン 高校生

閉じる

スタディ・タウン 小学生

閉じる

スタディ・タウン English

閉じる