「すきま時間で、苦手科目を克服できた!」
「目からウロコの連続で、第一志望に合格。」

飯澤 山太郎さん

合格校國學院大學久我山中学高等学校

塾だと周りの目が気になって質問しづらかったというIくん。わからないことが徐々に積み重なり、理科が苦手科目に。そこで、第一志望の國學院に合格するため映像授業を見始めたところ、すぐに効果が。わかりやすい解説に、「へー、そうなんだ!」と目からウロコが落ちる瞬間を積み重ね、見事國學院に合格しました。

 
國學院大學久我山中の「10倍分かる過去問」(映像授業)はコチラ
 

 

塾に通いながら、志望校に特化した理科対策を。

受験勉強はいつ頃から始めましたか?

Iくん:私立の小学校に通っているんですけど、周りの子が中学受験するって言うから、僕も始めた感じです。4年生の始めくらいからです。塾に通っていて、そこの先生が國學院久我山のOBで、僕もそこに行きたいと思うようになりました。志望校に決めたのは、6年の夏休み明けです。志望校対策は9月、10月頃から始めて、1月の受験間近までやっていました。

塾や家ではどのような志望校対策をしていましたか?

Iくん:過去問を解いたりしてました。国語・算数・理科・社会を時間かけてやって、終わったら、その間違ったところの直しをして、復習して。5、6年分やりました。一気に4教科じゃなくて、算数が終わったらちょっと休んで、別の科目をやろうみたいな感じです。休憩を挟みながらやりました。

どのような経緯でスタディ・タウンを知りましたか?

お母さま苦手分野の対策にあたって、参考書を買ったりもしていたんですけど、読んでいるだけでちゃんと理解しているのか疑問だったんですね。もっとしっかり本腰を入れて学習できる教材がないかネットで探したところ、スタディ・タウンを見つけました。映像の教材は自分も受けたことがあって、すきま時間で学習できるメリットは知っていたので、興味を持ちました。

Iくん:過去問を解くと、ほかの科目に比べて理科がすごく悪かったんです。それで理科の弱点を強化したいなということで、お母さんが探してきてくれました。

停める、戻る、繰り返し見る。やりたい放題、学習できる。

どのような経緯で購入しましたか?

お母さま: DVDの映像授業は私自身が経験したことあるんですが、webの映像配信はイメージが湧かなくて、少しためらいました。ただ、試験まで時間もなかったので、早く手を打たないとということで購入に踏み切りました。理科1科目だけを選択しました。

初めて見たときいかがでしたか?

Iくん:授業の途中で一時停止できるのが良かったです。理解できるまで何度も見れるから、すごくわかりやすかったです。

お母さま:教えてくれる加藤先生が、テレビ番組に出ることもある有名講師ということで、モチベーションも湧いてきました。実際この子も笑いながら見ていたので安心しました。

塾とスタディ・タウンはどこが違いますか?

Iくん:塾だとわからないところがあっても、周りの目が気になって聞けませんでした。ここで手を挙げたら、周りからバカにされそうだなとか、恥ずかしいなとか思って。引っ込み思案になっちゃっていましたね。結局先生に聞けなくて、わからないままで授業が進んでいっちゃって、失敗したなと思うことがよくありました。でもスタディ・タウンはネットだから、わからないところがあったら、停止できます。戻ったりもできます。繰り返し見て、ちゃんとわかってから次に進められます。そこが違うと思いました。

楽しく勉強させてあげたい。それが、親の願い。

どんなふうにスタディ・タウンを使っていましたか?

Iくん:パスワードがあったんで、お母さんがいるときに見ていました。朝とか、学校から帰ってきてからとか。順番としては、最近の年度の問題から始めて、古い年度のものを順に見ていきました。

苦手分野は克服できましたか?

Iくん:理科は全体的にあやふやなところがあったんですけど、授業を受けていたら、知識もけっこう増えていきました。「へー、そうなんだ」と思う場面がたくさんありました。だから、少しは克服できたと思います。

お母さま:理科は数字が出てきちゃうと、ちょっと苦手なんです。算数も苦手なほうだったので。そこを克服できたかなと思います。

スタディ・タウンのどんなところが良かったですか?

Iくん:笑いながら楽しく授業を見られたところが良かったと思います。日食のときに、太陽を直接見ちゃダメじゃないですか。加藤先生が日食を見に沖縄に行って専用のグッズを忘れちゃって、奥さんにめっちゃ怒られたみたいな話が面白かったです。一番印象に残っています。

お母さま:どんよりと暗い気持ちで勉強するよりも、楽しく勉強することが大事ですよね。いかに楽しく盛り上げながら勉強させるかが親の役目だと思います。スタディ・タウンは楽しく最後までできたので、とてもありがたかったです。

 

家だと集中できない子なのに。この映像授業は、例外みたい。

どんな効果がありましたか?

Iくん:悪い時だと久我山の理科は50満点中20点くらいだったんですけど、年度によっては35点くらい取れるようになりました。塾でテストをやったときも、前より点数がだいぶ良くなっているから、できるようになった実感がありました。

お母さま:家だと集中できない子なんですけど、映像授業ということもあり、楽しく勉強していました。楽しくできたことが一番の効果でした。それと、中学受験がゴールじゃないんですよね。これから大きくなっていくうえで、やっぱり必要なのは基礎的なことじゃないですか。だから、この時期に基礎を学べたことは大きいですね。せっかくだし、3月の視聴期限ギリギリまで見せたいと思います。

どのように見ていましたか?

お母さま:大問がいくつかありますよね。コマごとに見せて、塾に行く前の1時間でここを見せるとか、夜寝る前の1時間でここを見せるとか、コマごとに見れるのが良かったですね。空いている時間を使って見ることができました。塾のサポート教材としてフル活用させてもらいました。

ギュッと濃縮された面白授業を、すきま時間で。

実際の試験本番ではいかがでしたか?

Iくん:1個、同じ問題が出たんですよ。炭素と酸素の結びつきの問題です。たぶんできたと思います。「あっ!この問題知ってる!」って思いながら解きました。

来年の受験生にアドバイスをいただけますか?

Iくん:授業がだいたい1科目30分だったじゃないですか?だからすぐ見れちゃいます。1月の始まりとか12月の後半とかでも全然遅くないと思います。映像なので、空いている時間にできるし、飛ばせたりできるから便利です。少しの合間を見つけてやれると思います。あと、加藤先生の授業はわかりやすくて、しかもとっても面白いですよ。

お母さま:特に追い込みに使うのが効果的だと思います。我が家は切羽詰まって、最後の1ヶ月ぐらいで集中的にやって、結果的にうまくいきました。6年生の後半は特に時間がないものですけど、ちょっとした時間を見つけて学習できます。塾だけじゃ不安な人にも良い教材だと思うので、とってもオススメです。

手書きのコメントも頂きました!

 

國學院大學久我山中の「10倍分かる過去問」(映像授業)はコチラ
 

 

 

◎中学受験合格のノウハウ満載!◎
中学受験のリアルな体験談やスタディ・タウンの映像授業の活用法・勉強法を知ることができる、
初めて中学受験をするお母さんお父さんにもおすすめのコンテンツです
⇒2018年度中学受験合格者体験談はコチラ

お問合せはこちら

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

お問合せフォーム

受付専用ダイヤル

03-6871-6661

受付時間

10:30~13:30/14:30~19:00
火~土(日月祝 休)

株式会社シンドバッド・インターナショナル スタディ・タウン事業部

PAGE TOP

スタディ・タウン

閉じる

スタディ・タウン 高校生

閉じる

スタディ・タウン 小学生

閉じる

スタディ・タウン English

閉じる