時事問題が
合否を分けます!

配点30点(最大)を無視できますか?
データを分析!入試に出る時事問題を映像で解説!

平成29年中学入試用・社会
「中学入試に出る時事問題」映像授業

中学入試に出る時事問題・社会 中学入試に出る時事問題・社会

スタディ・タウンでは受験生の皆さんの合格率を上げるために、社会の時事問題の対策講座として「中学入試に出る時事問題・社会」を用意しました。

対策が取りにくい時事問題

中学入試では殆どの中学で時事問題が出題されています。にもかかわらず、毎年、時事問題に対して保護者の方から、 「どんな問題が出るか不安」 「子供が知らないことが出たらどうしよう」 「時事問題の対策が分からない」 「最近起きたことが出たら不安」 という不安の声が寄せられます。

確かに、時事問題は通常の問題と異なり、出題が予想しにくく対策が難しい分野です。ですので、中学受験生にとって不安で悩ましいのが時事問題です。さらに、学習塾でもなかなか完全には対応できていないのが現状でしょう。

これらの問題を解消するのが、「中学入試に出る時事問題」講座です。

時事問題で落ちるお子さんがいます。
時事問題は残酷です。

社会は、最終的には「暗記」がものをいう教科です。ですから、基本的には「暗記」で解決できます。
したがって、社会という教科は、ある意味きちんと勉強していれば得点に差がつきにくいと言われます。

しかし、その中で時事問題だけは違います。時事問題は、対策の決定打がなく、中学受験生もあまり手をつけない分野なので、差がつきやすいのです。
時事問題は差がつきやすい上に、その配点は、最大30点と絶対に無視できる点数ではありません。 ですので、時事問題の出来が合否を大きく左右するということが数多くあります。

ご存知のように、中学受験は1点を争う厳しいものです。
特にどの中学でも、合格最低点付近には多くの受験生が密集しています。付け加えると、合格最低点より10点下の範囲には100名近い受験生が集まっています。

合格・不合格

ですから、差がつきやすく最大30点配点されている社会の時事問題は必ず取りに行くべきと言えます。
それでは、時事問題対策には何が必要かお話していきます。

ほとんどの学校で時事問題が出題

皆さんご存知のように「時事問題」はほとんどの学校で出題されます。
下記は、過去5年で、時事問題が出題された首都圏の学校の一部の一覧です。

過去5年で、時事問題が出題された首都圏の学校(一部)

市川中学校、芝中学校、海城中学校、渋谷教育学園幕張中学校、東邦大学付属東邦中学校、豊島岡女子中学校、早稲田中学校、駒場東邦中学校、渋谷教育学園渋谷中学校、巣鴨中学校、立教新座中学校、世田谷学園中学校、明治大学付属中野中学校、昭和学院秀英中学校、吉祥女子中学校、浅野中学校、品川女子学院中等部、城北中学校、共立女子中学校、栄東(A日程)、頌栄女子学院中学校、聖光学院中学校、本郷中学校、青山学院中等部、獨協中学校、浦和明の星中学校、法政大学第二中学校、慶應義塾中等部、法政大学中学校、明大明治、サレジオ学院中学校、学習院女子中等科、成蹊中学校、逗子開成、開成、鎌倉学園、広尾学園、桐蔭学園中学・中等教育学校、東京女学館中学校、大妻中学校、学習院中等科、鴎友学園女子、攻玉社中学校、山脇学園、桐朋、慶應湘南藤沢、栄光学園、成城学園中学校、東京都市大学付属、慶應義塾普通部、芝浦工大柏、女子学院、洗足学園、神奈川大附属中学校、麻布、フェリス女学院、東京農業大学第一、高輪、芝浦工大、桐光学園、開智(第一回)、雙葉、恵泉女学園、富士見、中央大横浜、桜蔭、専大松戸、早稲田大学高等学院中学部、香蘭女学校、成城、早稲田実業、山手学院、大妻多摩、頴明館、桜美林、中央大学附属、横浜共立学園、明大中野八王子、鎌倉女学院、東洋英和女学院、淑徳与野、跡見学園、日本大学豊山、淑徳、帝京大学、横浜女学院、森村学園、国学院久我山、大宮開成、実践女子学園、白百合学園、埼玉栄、国府台女子学院、立教女学院、春日部共栄、普連土学園、日本女子大附属、光塩女子学院、武蔵、城北埼玉中学校、東京都市大学等々力、日本大学藤沢、公文国際、大妻中野、西武文理、桐朋女子、江戸川女子、カリタス女子、田園調布学園、立教池袋 など

これだけの学校で出題されています。
時事問題を軽視される方は多いのですが、出題率が高いので、時事問題は必ず対策すべきです。

例えば、「伊勢志摩で主要国首脳会議が開かれた」という時事からどのような問題が出題されるか想像がつくでしょうか?

問題
主要国首脳会議の別名をカタカナ4文字で答えなさい。
開催された島の名前を答えなさい。

上記のような問題でしたら、ただの時事をまとめたものやニュースを見るだけで答えられるかもしれません。しかし、実際の入試問題では次のように出題されます。

問題
G8からG7になった理由を答えなさい。
賢島で開催するメリットを答えなさい。

このように、中学入試で覚えておくべき社会の知識と絡めて出題されます。 しかし、ここまで踏み込んだ対策を個人でするのは無理があります。 そこで、この「中学入試に出る時事問題・社会」で、本番の入試で解けるように実践的に解説しています。

「中学入試に出る時事問題・社会」の4つの特徴

それでは、スタディ・タウンの「中学入試に出る時事問題・社会」の4つの特徴をご説明します。

過去5年の詳細なデータ分析から、入試に出る確率の高い
問題を厳選
「過去5年間どういうニュースがどういった社会のテーマに結びつけて出題されてきたか」を分析し、社会と結びつけて狙われやすそうな時事を厳選しています。
可能な限りのタイムリーさを実現
講座には、先日発表された「北海道新幹線開業」から「オリンピック」まで盛り込んでいます。さらに何かが起きた場合、順次新しい時事問題が講座に追加(無料で)されます。ですので、万全の状況で入試に臨むことができます。
解説だけでは終わらない時事問題が解けるカリキュラム
他の実験問題などと同様に、時事問題も聞いて理解するのと、問題を解けるようになるのは別物です。
世の中には時事の演習問題は多くありませんが、スタディ・タウンでは、きちんと演習問題まで用意し、その解説まで行うことで、お子さんに「時事問題を解ける」ようになっていただきます。
ひとつの時事の解説は5~15分程度!
短時間で、本当に出る時事が頭に入る

「入試直前で、もう時間がない」
「やることが山積み」
「時事問題ばかりに時間を割けない」

そんな受験生のために、この講座は作られています。
1つの解説授業が5~15分程度、合計でも約5時間で時事問題の対策を完成させることができます。

解説する講師のご紹介

山本 祐 講師

家庭教師として抜群の合格実績

山本 祐 講師

自身も中学受験の経験を持ち、麻布中出身。プロ講師として10年以上の指導経験がある。
麻布、駒場東邦、早稲田、早高院、浅野、海城、芝、暁星、市川、青山学院など合格実績多数。 中学受験対策のプロフェッショナル。綿密な過去問分析、難問をわかりやすく解説する技術、巧みな時間配分術など、経験とノウハウが凝縮された授業で志望校合格に導く。

サンプル授業をご覧ください

ここまでで、「中学入試に出る時事問題」をお分かりできたかと思います。
ただ、実際の授業を見ないことには不安もあると思います。
ですので、授業の質をご確認いただくため、サンプルをご用意しましたので、ぜひご覧ください。

「中学入試に出る時事問題・社会」ご購入はこちら

講座名
平成29年入試用
「中学入試に出る時事問題・社会」
収録時間
約5時間
価格
34,800円(税込37,584円)
購入画面に進む

※視聴期限:2017年3月31日

※商品の特性上、随時新しい時事を追加していきますので、収録時間は昨年のものを参考に記載しております。

※こちらの商品は個人用となります。学習塾・法人の方は、ご利用頂けませんのでご注意ください。

理科の時事問題の対策講座も販売しております。ご興味のある方はこちら

「中学入試に出る時事問題 社会・理科セット」ご購入はこちら

講座名
平成29年入試用
「中学入試に出る時事問題」社会・理科セット
収録時間
約10時間
価格
64,600円(税込69,768円)
購入画面に進む

※視聴期限:2017年3月31日

※商品の特性上、随時新しい時事を追加していきますので、収録時間は昨年のものを参考に記載しております。

※こちらの商品は個人用となります。学習塾・法人の方は、ご利用頂けませんのでご注意ください。

お問合せはこちら

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

お問合せフォーム

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

受付専用ダイヤル

03-5468-0277

受付時間

10:30~13:30/14:30~19:00
火~土(日月祝 休)

株式会社シンドバッド・インターナショナル スタディ・タウン事業部

PAGE TOP

スタディ・タウン

スタディ・タウン 高校生

スタディ・タウン 小学生

スタディ・タウン English