『10倍分かる過去問(映像版)

日本女子大学附属中学校(5年分 算数・理科)

平成30年(2018)用・最新版 
合格率を引き上げます!

過去問を、映像授業でトッププロが
やさしく解説。

10倍分かる過去問10倍分かる過去問

日本女子大学附属中学校を目指す方へ

中学受験では、学校ごとに頻出単元・難易度・問題の量など、傾向が全く異なります。
志望校の傾向をできるだけ早くから理解し、それを踏まえて計画的に学習していくことが、合格率を引き上げるためのカギです。

この『10倍分かる過去問(映像版)』は、日本女子大学附属中学校の過去問5年分・全問題を解説しているのはもちろん、「年度別の入試傾向の解説」、「受かるための最適な志望校対策」まで収録しています。 周りのお子さんより数段優位に立ち、日本女子大学附属中学校に受かるためにも、ぜひご利用をご検討ください。

日本女子大学附属中学校 10倍分かる過去問(映像版)の内容と特長

1.映像授業で、圧倒的な分かりやすさを実現
「10倍分かる過去問(映像版)は、パソコン・スマホ・タブレットから
受講できる映像授業です。
その結果、「紙の解説を読んでも分かりづらい」という、
問題点を、徹底的に解消しています。
2.合格できる志望校対策のやり方、勉強法も解説
過去問の解説だけではなく、入試傾向を踏まえた受かるための志望校対策のやり方、勉強法も解説しています。
3.解説するのはトッププロのみ!
「普通の先生の普通の授業」を見ても意味がありません。
過去問を解説するのは中学入試のトッププロ講師のみです。
4.誰が見ても理解できるように作っています!
偏差値が届いていないお子さん、中学受験経験のない保護者の方も理解できる解説です!
必要に応じて複数の解法を教えるので、お子さんに合った解法をお選びください。
5.過去5年分の全問題の解説を収録!(平成29~25年)
5年分収録しているので、
十分な志望校対策ができます。
6.2018年3月31日・入試終了まで何度も見られます!
教室で行われる授業と違い、何度でも繰り返し解説を聞くことができます。
一時停止・倍速機能を活用し、分かるまで何度でも繰り返し視聴しましょう。

日本女子大学附属中学校「お試し映像」はこちら

※クリックすると「お試し映像」がご覧いただけます

算数 お試し映像

算数 お試し映像

理科 お試し映像

理科 お試し映像

日本女子大学附属中学校 10倍分かる過去問(映像版) ご購入はこちら

こちらの商品は個人用となります。学習塾・法人の方は、ご利用頂けませんのでご注意ください。

※視聴期限:2018年3月31日

※第1回試験を収録しています。

商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
算数・理科セット
算数・理科セット 日本女子大学附属中学校
算数・理科セット
各5年分
過去問解説授業

定価31,600円
セット5,000円引き!

割引価格
26,600円(税別)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
2時間32分
3時間19分
3時間32分
2時間45分
2時間25分
セットを購入する
商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
算数
算数 日本女子大学附属中学校
算数
各5年分
過去問解説授業

定価
15,800円(税別)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
1時間26分
2時間 6分
2時間10分
1時間11分
1時間13分
算数を購入する
商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
理科
理科 日本女子大学附属中学校
理科
各5年分
過去問解説授業

定価
15,800円(税別)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
1時間 5分
1時間13分
1時間21分
1時間33分
1時間11分
理科を購入する

日本女子大学附属中学校 入試問題の傾向と特徴

日本女子大学附属中学校 算数の入試傾向

大問1と2は全問正解

日本女子大学附属中学校の算数は、大問1と2の全問正解が必要です。計算などの基本問題が中心なので、そこで点数を落とすと、合格が難しくなります。

図形問題が頻出

日本女子大学附属中学校の算数の定番は、図形問題です。毎年、図形の点の移動や立体などが出題されるので、しっかり対策しておく必要があります。解説授業では、過去に出題された図形問題を丁寧に説明しています。

解答までの傾向を見抜けないと命取りに

算数の入試で気を付けたいのはどの解法パターンで解くのか、すばやく判断できることです。できないと時間がかかり、得点できる問題を取りこぼす恐れがあります。問題から解法パターンを読み取れるように、さまざまな角度から解く練習が必要です。

日本女子大学附属中学校 理科の入試傾向

時間配分を間違えると致命傷に

日本女子大学附属中学校の理科は解答数の多さが特徴です。例えば、グラフ問題が多いので、読み取りにてこずると時間がなくなります。ほかの問題を取りこぼす恐れもあるので、時間配分の誤りは致命傷です。

定番問題の対策が優先

日本女子大学附属中学校の理科は、毎年出題されるパターンがいくつかあります。実験問題なども知識だけでは対応できません。解説授業では、過去問題から定番の傾向を解説し、類似問題も確実に解答できるよう導きます。

知識の幅を広げること

日本女子大学附属中学校の理科の入試は、単に理科の知識を覚えるだけでは対応できません。例えば、テキストで覚えた用語に関連した情報も調べて知識を広げることが大事です。そうした学習の積み重ねが問題を解くカギとなり、合格につながります。

お問合せはこちら

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

お問合せフォーム

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

受付専用ダイヤル

03-5468-0277

受付時間

10:30~13:30/14:30~19:00
火~土(日月祝 休)

株式会社シンドバッド・インターナショナル スタディ・タウン事業部

PAGE TOP

スタディ・タウン

スタディ・タウン 高校生

スタディ・タウン 小学生

スタディ・タウン English