城北中学校(第1回)の過去問対策

「10倍分かる過去問」(映像授業)

2020年用・最新版(5年分 算数・理科)
※第1回試験を収録しています。

10倍分かる過去問10倍分かる過去問

城北中学校(第2回)はこちら

城北中学校(第1回)を目指す方へ

偏差値が届いていなくても合格できます!


中学受験では、学校ごとに出題傾向があります。

問題自体は毎年変わりますが、「頻出単元」「構成」「量」「難易度」といった出題パターンは、毎年
ほぼ同じ。
この出題パターンに対して強くなることが、合格への近道です。

そのため、この『10倍分かる過去問』では、城北中学校(第1回)の過去問5年分・全問題を解説

入試傾向の解説や、志望校対策・勉強法まで収録された、城北中学校(第1回)の合格点を取ることに特化した映像授業です。

城北中学校(第1回) 10倍分かる過去問(映像版)の内容と特長

1.映像授業で、圧倒的な分かりやすさを実現
「10倍分かる過去問」は、パソコン・スマホ・タブレットから
受講できる映像授業です。
その結果、「紙の解説を読んでも分かりづらい」という
問題点を徹底的に解消
しています。
2.合格できる志望校対策のやり方、勉強法も解説
過去問の解説だけではなく、入試傾向を踏まえた受かるための志望校対策のやり方、勉強法も解説しています。
3.解説するのはトッププロ講師のみ!
「普通の先生の普通の授業」を見ても意味がありません。
過去問を解説するのは中学受験のトッププロ講師のみです。
4.誰が見ても理解できるように作っています!
偏差値が届いていないお子さん、中学受験経験のない保護者の方も理解できる解説です!必要に応じて複数の解法を教えるので、お子さんに合った解法をお選びください。
5.過去5年分の全問題の解説を収録!(平成30~26年)
5年分収録しているので、
十分な志望校対策ができます。
※該当の日程の過去問のみが対象となります。
6.2020年3月31日・入試終了まで何度も見られます!
教室で行われる授業と違い、何度でも繰り返し解説を聞くことができます。一時停止・倍速機能を活用し、分かるまで何度でも繰り返し視聴しましょう

城北中学校(第1回)「お試し映像」はこちら

本の解説と比べてみて下さい!

※再生10秒後から実際の映像がご覧いただけます

算数 お試し映像

算数 お試し映像

理科 お試し映像

理科 お試し映像

・すべてトッププロ講師が解説!志望校対策や、勉強法アドバイスも収録!

・すべてトッププロ講師が解説!
・志望校対策や、勉強法アドバイスも収録!

城北中学校(第1回) 10倍分かる過去問(映像版) ご購入はこちら

こちらの商品は個人用となります。学習塾・法人の方は、ご利用頂けませんのでご注意ください。

※視聴期限:2020年3月31日

※第1回試験を収録しています。

商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
算数・理科セット
算数・理科セット 城北中学校(第1回)
算数・理科セット
各5年分
過去問解説授業

セット5,000円引き!
割引価格
29,260円(税込)

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
2時間40分
2時間41分
3時間 4分
3時間12分
3時間11分
準備中。
商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
算数
算数 城北中学校(第1回)
算数
各5年分
過去問解説授業

定価
17,380円(税込)

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
1時間29分
1時間 8分
1時間49分
2時間 0分
1時間49分
準備中。
商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
理科
理科 城北中学校(第1回)
理科
各5年分
過去問解説授業

定価
17,380円(税込)

2019年
2018年
2017年
2016年
2015年
1時間11分
1時間32分
1時間15分
1時間12分
1時間21分
準備中。

2019年の解説は夏~秋を目途に随時追加していく予定です。それまでは2015年~2018年の映像授業をご覧いただけます。
2019年は自動的に追加されますので、再度購入して頂く必要はございません。

城北中学校(第2回)はこちら

城北中学校(第1回) 入試問題の傾向と特徴

中学受験で志望校に合格するのは、過去問で傾向を把握し徹底的に学習したお子さんです!
最新の傾向と対策は、中学受験「10倍分かる過去問」の映像授業で解説をしています

城北中学校(第1回) 算数の入試傾向

算数で合否が分かれる

城北の算数は合格者とそれ以外の受験生の差が最もつきやすく(10~15点)、算数で合否が分かれます。合格ラインは7割超えることが必要です。設問数16問問うことを考えると、わずか2問の差が勝負を決めることになります。

ケアレスミスは命取り、典型題を確実に

合格点以上取るには、基本問題や中学受験生なら一度は見たことのある典型題は落とせません。扱う数字も複雑ではないので、ケアレスミスは命取りになります。また、こうした問題は素早く解いて、手間のかかる進行グラフなどの後半の問題に時間を残すこともポイントです。

高配点の問題を2問以上取ること

大問3以降に、高配点の問題がいくつか出題されていますが(大体5問ほど)、ここから2問以上取れれば合格点超えがみえてきます。頻出単元のなかで得意分野をつくり、点数を取れるようにしましょう。

城北中学校(第1回) 理科の入試傾向

合格ラインは6割5分、差がつきづらい

城北の理科は、記述も作図もなく基本問題中心なので、正直差がつきづらい試験です。ただ、つまらないミスで点数を落とすと、他の教科で勝負する土俵にすら立てなくなります。

4分野からバランスよく出題

物理、化学、生物、地学の4分野からバランスよく出題されます。一部の問題を除いては、素直な良問が多いので、努力が報われる試験と言えます。

ときおり出題される見慣れない題材に注意

注意点としては、物理・化学計算はやや難しい問題が出ることと、ときおり中学入試では見慣れない題材を扱った問題が出されることです。最近では、23年度の火山岩の成分に関する問題などです。こうした問題は差がつきやすいので要注意です。

中学受験では、過去問で1日でも早く志望校の入試傾向を知って勉強する方が絶対有利!


中学受験生にとって過去問対策は最も重要なことです。ただそれは、単に入試直前に過去問を解いて入試問題に慣れるという意味ではありません。 

本当に大事なのは、早いうちに志望校の入試問題の傾向・パターンを頭に入れて、つまり志望校のことをよくわかった上で継続的に勉強していくことなのです。「この学校はこういう問題を出しているから、こう勉強していこう」という感じです。

志望校の入試問題にどのような分野がよく出ているか、またどういう問題が出ているかを知ったうえで毎日勉強していくのとそうでないのとは、合否に大きく影響することは言うまでもありません。

「10倍分かる過去問」の映像授業では、過去問の解説だけではなく、入試傾向を踏まえた中学受験に受かるための志望校対策のやり方、勉強法も解説しています。


まずは「お試し映像」を見て、本の解説と映像授業を比べてみてください!

PAGE TOP

スタディ・タウン

閉じる

スタディ・タウン 高校生

閉じる

スタディ・タウン 小学生

閉じる

スタディ・タウン English

閉じる