女子学院中学校の過去問対策

「10倍分かる過去問」(映像授業)

平成30年用・最新版(5年分 算数・理科)

10倍分かる過去問10倍分かる過去問

女子学院中学校を目指す方へ

偏差値が届いていなくても、対策次第で合格できます。

中学受験では、学校ごとに出題傾向があります。 問題自体は毎年変わりますが、「頻出単元」「構成」「量」「難易度」といった出題パターンは、毎年ほぼ同じ。

この出題パターンに対して強くなることが、合格への近道です。

そのため、この『10倍分かる過去問(映像版)』では、女子学院中学校の過去問5年分・全問題を解説しています。

「年度別の入試傾向の解説」、「受かるための最適な志望校対策」まで収録しています。

過去問が全く解けない」「合格点に届かない」という不安を、今すぐ解消しましょう。

女子学院中学校 10倍分かる過去問(映像版)の内容と特長

1.映像授業で、圧倒的な分かりやすさを実現
「10倍分かる過去問(映像版)は、パソコン・スマホ・タブレットから
受講できる映像授業です。
その結果、「紙の解説を読んでも分かりづらい」という、
問題点を、徹底的に解消しています。
2.合格できる志望校対策のやり方、勉強法も解説
過去問の解説だけではなく、入試傾向を踏まえた受かるための志望校対策のやり方、勉強法も解説しています。
3.解説するのはトッププロのみ!
「普通の先生の普通の授業」を見ても意味がありません。
過去問を解説するのは中学入試のトッププロ講師のみです。
4.誰が見ても理解できるように作っています!
偏差値が届いていないお子さん、中学受験経験のない保護者の方も理解できる解説です!
必要に応じて複数の解法を教えるので、お子さんに合った解法をお選びください。
5.過去5年分の全問題の解説を収録!(平成29~25年)
5年分収録しているので、
十分な志望校対策ができます。
6.2018年3月31日・入試終了まで何度も見られます!
教室で行われる授業と違い、何度でも繰り返し解説を聞くことができます。
一時停止・倍速機能を活用し、分かるまで何度でも繰り返し視聴しましょう。

女子学院中学校「お試し映像」はこちら

※クリックすると「お試し映像」がご覧いただけます

算数 お試し映像

算数 お試し映像

理科 お試し映像

理科 お試し映像

女子学院中学校 10倍分かる過去問(映像版) ご購入はこちら

こちらの商品は個人用となります。学習塾・法人の方は、ご利用頂けませんのでご注意ください。

※視聴期限:2018年3月31日

※第1回試験を収録しています。

商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
算数・理科セット
算数・理科セット 女子学院中学校
算数・理科セット
各5年分
過去問解説授業

定価31,600円
セット5,000円引き!

割引価格
26,600円(税別)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
2時間53分
5時間13分
5時間23分
3時間38分
3時間55分
セットを購入する
商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
算数
算数 女子学院中学校
算数
各5年分
過去問解説授業

定価
15,800円(税別)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
0時間48分
3時間29分
3時間21分
2時間 3分
1時間25分
算数を購入する
商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
理科
理科 女子学院中学校
理科
各5年分
過去問解説授業

定価
15,800円(税別)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
2時間 4分
1時間44分
2時間 1分
1時間35分
2時間29分
理科を購入する

女子学院中学校 入試問題の傾向と特徴

女子学院中学校 算数の入試傾向

問題の取捨選択と時間配分が合否を分ける

女子御三家の一角、女子学院中学校の算数は、スピード勝負の試験です。試験時間40分以内に多くの問題を処理することが求められます。難度が高い問題も含まれるので、比較的解きやすい問題と時間のかかる問題の見極めが重要になってきます。

問題の処理スピードを上げる練習を

女子学院中学校の算数では、解答時間のスピードを上げることが必要です。そのためには、円周率(3.14)の倍数や平方数など、「よく用いられる数値」を暗記しておくことが重要になります。計算時間を短縮し、時間のかかる問題にも注力できるようにしましょう。

平面図形は、角度、相似と比、等積変形などが頻出

重点的に対策すべき分野としては、平面図形が挙げられます。特に、角度・相似と比・等積変形などが定番です。平面図形は問題集で徹底的に練習して、本番で得点源にできるようにしましょう。

女子学院中学校 理科の入試傾向

スピード勝負、時事問題はほとんど出ない

女子学院中学校の理科は、スピード勝負・高得点勝負の試験です。問題数が多いため、試験本番での時間配分がポイントとなります。また、他の学校では「地震」「日食」「月食」など、その年に話題になった時事ネタの問題も多いですが、女子学院中学校ではそうした問題はあまり見られません。

「丸暗記」が通用しない入試問題

女子学院中学校の理科は、単に知識を問うだけでなく、各分野についての本質的な理解が求められます。
丸暗記しかしてこなかった受験生はふるい落とされる試験です。他校では、生物・地学分野は得点源になりやすい知識問題の場合が多いですが、女子学院中学校はそうではないことを心得ておきましょう。

実験装置の「お絵描き問題」が定番

女子学院中学校の理科は、実験や観察を絡めた問題がよく出題されます。特に、実験装置の「お絵描き問題」は定番です。問題集や参考書にある実験問題で演習を重ね、慣れておきましょう。

お問合せはこちら

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

お問合せフォーム

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

受付専用ダイヤル

03-5468-0277

受付時間

10:30~13:30/14:30~19:00
火~土(日月祝 休)

株式会社シンドバッド・インターナショナル スタディ・タウン事業部

PAGE TOP

スタディ・タウン

スタディ・タウン 高校生

スタディ・タウン 小学生

スタディ・タウン English