『10倍分かる過去問(映像版)

法政大学中学校(5年分 算数・理科)

平成30年(2018)用・最新版 
合格率を引き上げます!

過去問を、映像授業でトッププロが
やさしく解説。

10倍分かる過去問10倍分かる過去問

法政大学中学校を目指す方へ

中学受験では、学校ごとに頻出単元・難易度・問題の量など、傾向が全く異なります。
志望校の傾向をできるだけ早くから理解し、それを踏まえて計画的に学習していくことが、合格率を引き上げるためのカギです。

この『10倍分かる過去問(映像版)』は、法政大学中学校の過去問5年分・全問題を解説しているのはもちろん、「年度別の入試傾向の解説」、「受かるための最適な志望校対策」まで収録しています。 周りのお子さんより数段優位に立ち、法政大学中学校に受かるためにも、ぜひご利用をご検討ください。

10倍分かる過去問(映像版)の内容と特長

1.映像授業で、圧倒的な分かりやすさを実現
過去問を映像授業で解説することで、圧倒的に分かりやすくなりました。
その結果、「紙の解説を読んでも分かりづらい」という、
問題点を解消しました。
2.合格できる志望校対策のやり方、勉強法も解説
過去問の解説だけではなく、入試傾向を踏まえた受かるための志望校対策のやり方、勉強法も解説しています。
3.解説するのはトッププロのみ!
「普通の先生の普通の授業」を見ても意味がありません。
過去問を解説するのは中学入試のトッププロ講師のみです。
4.誰が見ても理解できるように作っています!
偏差値が届いていないお子さん、中学受験経験のない保護者の方も理解できる解説です!
5.過去5年分の全問題の解説を収録!(平成29~25年)
5年分収録しているので、
十分な志望校対策ができます。
6.2018年3月31日・入試終了まで何度も見られます!
教室で行われる授業と違い、何度でも繰り返し解説を聞くことができます。

法政大学中学校「お試し映像」はこちら

※クリックすると「お試し映像」がご覧いただけます

算数 お試し映像

算数 お試し映像

理科 お試し映像

理科 お試し映像

10倍分かる過去問(映像版) ご購入はこちら

こちらの商品は個人用となります。学習塾・法人の方は、ご利用頂けませんのでご注意ください。

※視聴期限:2018年3月31日

※第1回試験を収録しています。

※平成29年の解説は随時追加していく予定です。
それ以前にご購入頂いた場合、平成25~28年の映像授業をご覧いただけます。
自動的に29年が追加されますので、再度購入して頂く必要はございません。

商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
算数・理科セット
算数・理科セット 法政大学中学校
算数・理科セット
各5年分
過去問解説授業

特別価格
26,800円(税別)
28,944円(税込)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
準備中
3時間47分
3時間45分
3時間37分
3時間43分
セットを購入する
商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
算数
算数 法政大学中学校
算数
各5年分
過去問解説授業

特別価格
15,800円(税別)
17,064円(税込)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
準備中
1時間47分
1時間45分
1時間53分
1時間46分
算数を購入する
商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
理科
理科 法政大学中学校
理科
各5年分
過去問解説授業

特別価格
15,800円(税別)
17,064円(税込)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
準備中
2時間 0分
1時間59分
1時間44分
1時間56分
理科を購入する

法政大学中学校 入試問題の傾向と特徴

法政大学中学校 算数の入試傾向

正確な計算力が求められる

計算問題は、基本的な四則混合計算や□を求める還元算が出題されます。計算問題だけでなく、後半の応用問題でも正確な計算力が必要です。

前半の基本問題を落とさないこと

大問2では、単位換算の問題が出題されます。算数で使われる単位換算は、大きく分けると、重さ・時間・長さ・面積・体積の5種類です。どのパターンでも即座に単位換算できる練習をしておきましょう。ここまでは、速く正確に解答することが大切です。

図形問題の比重が高い

後半は、平面図形・立体図形が出題されます。とくに、「面積・体積比」や「求積」が頻出です。図形問題は、まずどこから手をつければ答えを出せるのか、解答の糸口を見つけられることが重要です。補助線の引き方、相似の使い方など、解き方の引き出しを出来るだけ多く身につけておきましょう。

法政大学中学校 理科の入試傾向

合格安全圏は8割以上

法政の理科は、基本問題中心です。そのため、合格者平均は毎年7~8割前後と高く、安全圏を狙うのであれば、8割以上が必要です。できれば、満点をとるつもりで、できない問題・苦手分野を潰していくことが必要です。

表やグラフをもとに計算させる力学・化学計算

力のつりあいや・中和反応・濃度の問題など、計算問題がよく出題されます。とくに、中和反応・濃度に関しては、表やグラフをもとに計算させる問題が多いので、過去問や類題などで、慣れておくことが大切です。計算自体は複雑なものはないので、1つのミスが合否を左右する事態になりかねません。ミスなく解けるよう、重点的に対策を行いましょう。

記述問題・作図問題も対策が必要

記号選択・適語選択が中心ですが、記述問題や図を完成させる問題も出題されます。どちらも解答に時間がかかってしまいますので、時間配分には注意が必要です。

お問合せはこちら

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

お問合せフォーム

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

受付専用ダイヤル

03-5468-0277

受付時間

10:30~13:30/14:30~19:00
火~土(日月祝 休)

株式会社シンドバッド・インターナショナル スタディ・タウン事業部

PAGE TOP

スタディ・タウン

スタディ・タウン 高校生

スタディ・タウン 小学生

スタディ・タウン English