『10倍分かる過去問(映像版)

中央大学附属中学校(5年分 算数・理科)

平成30年(2018)用・最新版 
合格率を引き上げます!

過去問を、映像授業でトッププロが
やさしく解説。

10倍分かる過去問10倍分かる過去問

中央大学附属中学校を目指す方へ

中学受験では、学校ごとに頻出単元・難易度・問題の量など、傾向が全く異なります。
志望校の傾向をできるだけ早くから理解し、それを踏まえて計画的に学習していくことが、合格率を引き上げるためのカギです。

この『10倍分かる過去問(映像版)』は、中央大学附属中学校の過去問5年分・全問題を解説しているのはもちろん、「年度別の入試傾向の解説」、「受かるための最適な志望校対策」まで収録しています。 周りのお子さんより数段優位に立ち、中央大学附属中学校に受かるためにも、ぜひご利用をご検討ください。

10倍分かる過去問(映像版)の内容と特長

1.映像授業で、圧倒的な分かりやすさを実現
過去問を映像授業で解説することで、圧倒的に分かりやすくなりました。
その結果、「紙の解説を読んでも分かりづらい」という、
問題点を解消しました。
2.合格できる志望校対策のやり方、勉強法も解説
過去問の解説だけではなく、入試傾向を踏まえた受かるための志望校対策のやり方、勉強法も解説しています。
3.解説するのはトッププロのみ!
「普通の先生の普通の授業」を見ても意味がありません。
過去問を解説するのは中学入試のトッププロ講師のみです。
4.誰が見ても理解できるように作っています!
偏差値が届いていないお子さん、中学受験経験のない保護者の方も理解できる解説です!
5.過去5年分の全問題の解説を収録!(平成29~25年)
5年分収録しているので、
十分な志望校対策ができます。
6.2018年3月31日・入試終了まで何度も見られます!
教室で行われる授業と違い、何度でも繰り返し解説を聞くことができます。

中央大学附属中学校「お試し映像」はこちら

※クリックすると「お試し映像」がご覧いただけます

算数 お試し映像

算数 お試し映像

理科 お試し映像

理科 お試し映像

10倍分かる過去問(映像版) ご購入はこちら

こちらの商品は個人用となります。学習塾・法人の方は、ご利用頂けませんのでご注意ください。

※視聴期限:2018年3月31日

※第1回試験を収録しています。

※平成29年の解説は随時追加していく予定です。
それ以前にご購入頂いた場合、平成25~28年の映像授業をご覧いただけます。
自動的に29年が追加されますので、再度購入して頂く必要はございません。

商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
算数・理科セット
算数・理科セット 中央大学附属中学校
算数・理科セット
各5年分
過去問解説授業

特別価格
26,800円(税別)
28,944円(税込)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
準備中
2時間21分
2時間 9分
2時間19分
2時間 1分
セットを購入する
商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
算数
算数 中央大学附属中学校
算数
各5年分
過去問解説授業

特別価格
15,800円(税別)
17,064円(税込)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
準備中
0時間51分
0時間49分
1時間11分
1時間 3分
算数を購入する
商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
理科
理科 中央大学附属中学校
理科
各5年分
過去問解説授業

特別価格
15,800円(税別)
17,064円(税込)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
準備中
1時間30分
1時間19分
1時間 8分
0時間57分
理科を購入する

中央大学附属中学校 入試問題の傾向と特徴

中央大学附属中学校 算数の入試傾向

立体図形など頻出単元あり

中央大学付属中学の算数の入試では、頻出単元があるのが特徴です。例えば、立体図形、平面図形などは比較的出題されやすい単元です。過去問題を解き、できない単元がある場合は、しっかり練習しておきましょう。

部分点は確実に得点する

中央大学附属中学校の算数の入試は、大問2以降は、易問と難問の組み合わせがよく出題されます。その場合、前半部分の比較的やさしい部分は必ず得点することが重要です。そこでの得点が合否を左右します。(解説授業で説明しています)

問題の取捨選択が合格への鍵

中央大学附属中学校の算数の入試では、問題の取捨選択が大事です。難問に時間をかけ過ぎて、易問を落とすのは致命傷となります。本番では、目の前の問題が解けるか否かを判断し、取捨選択していく作業が合格の鍵になると言ってもよいでしょう。

中央大学附属中学校 理科の入試傾向

思考力が問われる理科入試

中央大学付属中学校の理科は、時事問題が毎年出題されています。原発、日食など、その年に起きた理科に絡んだニュース・情報に目を通すことが大切です。ただ、比較的細かい知識を要求されるので、その話題について「知っている」だけでは、問題は解けません。積極的に情報をインプットして理解を深めておきましょう。

実験・観察を中心に出題

また、図やグラフを多用する問題が多いことも特徴です。単純な用語暗記や計算問題の解法を覚えるだけでなく、図・グラフ読み取る力が必要になります。図・グラフの扱い方や、どう活用すれば答えにたどり着けるのかを練習しておくことが必要です。

参考書では対応できない問題あり

中央大学附属中学校の理科の入試では、日ごろ扱わないテーマが問題としてよく取り上げられます。参考書で対応できない内容もあり、注意が必要です。映像授業では過去問を説明しながら、注意が必要な問題に対応する方法も解説しています。

お問合せはこちら

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

お問合せフォーム

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

受付専用ダイヤル

03-5468-0277

受付時間

10:30~13:30/14:30~19:00
火~土(日月祝 休)

株式会社シンドバッド・インターナショナル スタディ・タウン事業部

PAGE TOP

スタディ・タウン

スタディ・タウン 高校生

スタディ・タウン 小学生

スタディ・タウン English