『10倍分かる過去問(映像版)

慶應義塾中等部(5年分 算数・理科)

平成30年(2018)用・最新版 
合格率を引き上げます!

過去問を、映像授業でトッププロが
やさしく解説。

10倍分かる過去問10倍分かる過去問

慶應義塾中等部を目指す方へ

中学受験では、学校ごとに頻出単元・難易度・問題の量など、傾向が全く異なります。
志望校の傾向をできるだけ早くから理解し、それを踏まえて計画的に学習していくことが、合格率を引き上げるためのカギです。

この『10倍分かる過去問(映像版)』は、慶應義塾中等部の過去問5年分・全問題を解説しているのはもちろん、「年度別の入試傾向の解説」、「受かるための最適な志望校対策」まで収録しています。 周りのお子さんより数段優位に立ち、慶應義塾中等部に受かるためにも、ぜひご利用をご検討ください。

10倍分かる過去問(映像版)の内容と特長

1.映像授業で、圧倒的な分かりやすさを実現
過去問を映像授業で解説することで、圧倒的に分かりやすくなりました。
その結果、「紙の解説を読んでも分かりづらい」という、
問題点を解消しました。
2.合格できる志望校対策のやり方、勉強法も解説
過去問の解説だけではなく、入試傾向を踏まえた受かるための志望校対策のやり方、勉強法も解説しています。
3.解説するのはトッププロのみ!
「普通の先生の普通の授業」を見ても意味がありません。
過去問を解説するのは中学入試のトッププロ講師のみです。
4.誰が見ても理解できるように作っています!
偏差値が届いていないお子さん、中学受験経験のない保護者の方も理解できる解説です!
5.過去5年分の全問題の解説を収録!(平成29~25年)
5年分収録しているので、
十分な志望校対策ができます。
6.2018年3月31日・入試終了まで何度も見られます!
教室で行われる授業と違い、何度でも繰り返し解説を聞くことができます。

慶應義塾中等部「お試し映像」はこちら

※クリックすると「お試し映像」がご覧いただけます

算数 お試し映像

算数 お試し映像

理科 お試し映像

理科 お試し映像

10倍分かる過去問(映像版) ご購入はこちら

こちらの商品は個人用となります。学習塾・法人の方は、ご利用頂けませんのでご注意ください。

※視聴期限:2018年3月31日

※第1回試験を収録しています。

※平成29年の解説は随時追加していく予定です。
それ以前にご購入頂いた場合、平成25~28年の映像授業をご覧いただけます。
自動的に29年が追加されますので、再度購入して頂く必要はございません。

商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
算数・理科セット
算数・理科セット 慶應義塾中等部
算数・理科セット
各5年分
過去問解説授業

特別価格
26,800円(税別)
28,944円(税込)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
準備中
3時間 8分
3時間 0分
2時間54分
3時間12分
セットを購入する
商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
算数
算数 慶應義塾中等部
算数
各5年分
過去問解説授業

特別価格
15,800円(税別)
17,064円(税込)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
準備中
1時間23分
0時間55分
1時間20分
1時間34分
算数を購入する
商品名 学校/教材 価格 収録年 収録時間 購入
理科
理科 慶應義塾中等部
理科
各5年分
過去問解説授業

特別価格
15,800円(税別)
17,064円(税込)

平成29年
平成28年
平成27年
平成26年
平成25年
準備中
1時間45分
2時間 5分
1時間33分
1時間37分
理科を購入する

慶應義塾中等部 入試問題の傾向と特徴

慶應義塾中等部 算数の入試傾向

スピード重視の「速読即解型」の試験、高い計算力が求められる

慶應義塾中等部の算数は、試験時間が短く、スピード、正確性が求められる難度の高い試験です。
計算問題以外でも、正確な計算力が必要になる問題が多く出題されています。分数の性質を利用したもの、単位計算、割合計算などが重視されています。

むやみに難問に取り組むのはNG。典型題をいかに素早く解けるかが勝負

出題の大半は、問題集によくあるパターンの典型題がほとんどです。
むやみに難解な問題に取り組むよりも、典型題を正確にミスなく解けるようすることが大切です。試験時間に比べて問題量が多いので、やさしい問題を見極めて先に手をつけること、一つの問題に時間をかけすぎないよう時間配分に注意することポイントです。

点や図形の移動、面積変化が頻出

図形分野は重点対策が必要です。特に、点や図形の移動と、それにともなう面積変化の問題がよく出題されています。合わせて、グラフを読み取らせる図形とグラフの融合問題の対策も必要です。

慶應義塾中等部 理科の入試傾向

スピード重視の記号選択式問題

記述問題が多い慶應普通部とは対照的に、ほぼすべてが記号選択問題です。その分、スピードが要求されます。試験時間25分に対して、問題数が20問前後あるので、本番は手を止めて悩んでいる時間はありません。問題を見てすぐ解答が思い浮かぶよう基礎を固めましょう。

合格するには、9割得点を目指すこと

慶應義塾中等部の理科は、問題自体の難度が低いので、高得点で争うことが必至です。
他の学校であれば捨てて良い問題も、中等部では無視できません。他の受験生と差がつきにくいので、解ける問題を確実に得点した上で、多少正答率の低い問題も得点していかなくてはいけません。満点をとるつもりで、対策することが必要です。

普段から、身の回りの理科に関する話題や自然に対して興味を持つこと

実験問題は、中学受験の範囲外のものも出題されます。ただし、問題文の中である程度説明されているので、じっくり問題を読んで考えれば解けます。
身近なものに関連した問題が多いので、普段の生活の中で科学的な現象や自然に対して興味を持っている受験生が有利になると言えます。

お問合せはこちら

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

お問合せフォーム

ご購入・ご登録手続きでお困りの際は下記までお問い合わせください。

受付専用ダイヤル

03-5468-0277

受付時間

10:30~13:30/14:30~19:00
火~土(日月祝 休)

株式会社シンドバッド・インターナショナル スタディ・タウン事業部

PAGE TOP

スタディ・タウン

スタディ・タウン 高校生

スタディ・タウン 小学生

スタディ・タウン English